12月の沖縄で気温25℃以上の夏日を体験【10日間滞在ダイジェスト】

2018年12月13日から22日の10日間を沖縄ですごしてきました。滞在拠点は本島北部の名護市4泊と那覇市5泊です。

楽しかったー。いい天気が続いて12月なのに気温25℃以上の夏日を経験できました。おかげで青い海を見ることも出来て大満足です。

すごしやすい気温のおかげで街歩きや散策ははかどるし、ついでに食欲もはかどって、何軒か食堂を開拓してきました。

とてもしあわせだった10日間を、ひとまずダイジェスト的に振り返ります。

スポンサーリンク

12月22日に最高気温25.4℃を体験

今まで何度も訪れていた冬の沖縄は、ほとんどが曇天の日々でした。それに、冬は基本雲が多いので気温が上がってもなんとなく白い海しか見られなかったんです。

関連記事→(2016年12月)沖縄の冬は曇天が普通【12月下旬 沖縄の天気と体感メモ・その3】

ところが今回(2018年)の滞在は珍しく晴天続き。パキッと青い海を見ることができました。これはとてもラッキーな出来事です。

めったにみられない12月の青い海(2018年/古宇利大橋)

めったにみられない12月の青い海【古宇利大橋】

滞在最終日の12月22日は、冬至だというのに最高気温は25.4℃。車の外気温計では27℃を表示するほど暑かったです。冬の夏日は妙にテンションが上がりました。

スカッと晴れ渡った那覇の空(2018年12月22日12:26撮影)

スカッと晴れ渡った那覇の空(2018年12月22日12:26撮影)

珍しく13℃台でも心地よく感じた沖縄の冬

ただ、晴天に恵まれたとはいえ、朝晩はそこそこひんやりしました。最低気温が13℃台まで下がった日もあります。

12月の沖縄の気温朝晩は冷え込む

冷え込んだ朝の車内で(2018年12月19日08:00撮影)

なので、服装は基本長袖のカットソーと厚手のパーカーなどで調節していました。夫は半袖になるときもあったかな。

関連記事→冬の沖縄に旅行するときの服装

でも、いつもなら沖縄で気温が下がると北風が強くてとても寒く感じるのに、今回は珍しく風が弱くて、涼しい心地よいと感じられる13℃台でした。これもまた、ラッキーな出来事です。

沖縄の人たちにとっては寒かったみたいですけどね。体感温度に差があるんだと知っておもしろかったです。

程よい気温に恵まれて散策を満喫

今回つくづく実感したのは、冬の沖縄で程よい気温に恵まれると楽しみやできることが多いです。

10日間滞在中に何をしていたかざっくり振り返ると、滞在先の名護市屋部から東江まで半日かけて歩いて、路線バスで帰ってきたり、

12月の沖縄滞在-暑すぎず寒すぎずめっちゃ歩けた

暑すぎず寒すぎずめっちゃ歩ける

体験記事→名護ぐだぐだ街歩き-屋部から東江まで歩く【その1・屋部、宇茂佐編】

体験記事→ビールで乾杯!ほろ酔いでバスに乗る【名護ぐだぐだ街歩き-最終話】

ドライブがてら歴史散策をしたり、

気温が低い12月の沖縄は草木の勢いがマシ

気温が低い12月は草木の勢いがマシ

体験記事→本島北部をドライブ-羽地内海の海沿いを通って屋我地島へ

読谷村のやちむんの里へ陶器市を覗きに行ったり。

やちむんの里散策も快適な気温(2018年12月読谷村)

やちむんの里散策も快適だった

体験記事→12月開催のやちむん市「読谷山焼陶器市」に行ってきた

那覇の滞在中は久高島へ遊びにいって徒歩で散策してきました。

12月の沖縄とは思えない青い海と青い空

12月とは思えない青い海と青い空だった

体験記事→久高島の徒歩散策【その1】島の南側を行く

暖かい冬に沖縄の食堂探訪がしあわせすぎた

それから、初めての食堂にも行きました。数軒チャレンジしましたよ。

例えば名護市のソーキそば発祥の店「我部祖河食堂」とか、

我部祖河食堂の元祖ソーキそば(2018年12月)

我部祖河食堂の元祖ソーキそば

体験記事→我部祖河食堂本店【名護市】ソーキそば発祥の店に行ってきた

那覇ではお店の裏が豆腐工場という島どうふがおいしい食堂「島ちゃん」とか。

食堂「島ちゃん」の豆腐ちゃんぷるー(那覇市与儀/2018年12月)

食堂「島ちゃん」の豆腐ちゃんぷるー(那覇市与儀)

体験記事→那覇のおいしい食堂「島ちゃん」

暑い日に快適だったのは、本島南部の南城市役所のレストラン「なんじぃJr.」でした。ね、12月も中旬だというのにレストランで暑さを凌いでいたわけで。

南城市役所内「なんじぃJr.」の快適な店内(2018年12月)

南城市役所内「なんじぃJr.」の快適な店内

体験記事→南城市役所 新庁舎のレストラン「なんじぃJr.」で快適ランチ

そうそう、あと、沖縄そばの原点だという「唐人そば」も食べてきました。

「沖縄そば処 月桃」の唐人そば(那覇市真和志/2018年12月)

「沖縄そば処 月桃」の唐人そば(那覇市真和志)

体験記事→唐人そばを食べに沖縄そば処 月桃へ【那覇市真和志】

(2022年追記:沖縄そば処 月桃では現在唐人そばを提供していないようです。提供店は「沖縄そば発展継承の会」サイトを参考にしてください。→唐人そばとは【沖縄そば発展継承の会】

あぁ。幸せな10日間でした。しあわせの半分はおいしいと暖かいでできているというのに、それが毎日充実していたんだもの。楽しかったなぁ。もうすでに沖縄行きたい。

ということで、ブログの更新が久しぶりすぎて、雑な感じになっちゃいましたが、またボチボチ旅行記を書いていきますね~。

2018年12月沖縄10日間滞在の体験記事一覧

宿泊

【閉業】シャングリラマンション(名護市屋部)の宿泊レポート

【閉業】住みんちゅホテル前島(那覇市)ツインルーム宿泊レポート

食堂

我部祖河食堂本店【名護市】ソーキそば発祥の店に行ってきた

那覇のおいしい食堂「島ちゃん」

南城市役所 新庁舎のレストラン「なんじぃJr.」で快適ランチ

唐人そばを食べに沖縄そば処 月桃へ【那覇市真和志】

散策

名護ぐだぐだ街歩き-屋部から東江まで歩く【その1・屋部、宇茂佐編】

宮里の集落散策【名護ぐだぐだ街歩き-屋部から東江まで歩く(その2)】

ビールで乾杯!ほろ酔いでバスに乗る【名護ぐだぐだ街歩き-最終話】

久高島の徒歩散策【その1】島の南側を行く

久高島の徒歩散策【その2】西側の海沿いを歩く

久高島の徒歩散策【最終話】集落を散策

その他

本島北部をドライブ-羽地内海の海沿いを通って屋我地島へ

12月開催のやちむん市「読谷山焼陶器市」に行ってきた

島どうふチップス再び

向田邦子が訪れた沖縄

映画『ホテル・ハイビスカス』ロケ地-マブイを落としたフクギ並木

スーツケースが壊れました-沖縄の長期滞在に必要な条件とは

長期滞在
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クイナがこけたをフォローする
沖縄旅行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました