冬の沖縄に旅行するときの服装

スポンサーリンク

冬の沖縄に旅行するときの服装って、悩みますよね。沖縄は暖かいイメージがあるので12月とか1月の真冬でも半袖で大丈夫なんじゃないかと私も思っていました。

でも今まで何度も冬の沖縄に行きましたが、半袖で過ごせる日はめったになかったです。

ただ、冬の沖縄は寒い日は寒いし暑い時は暑いという独特な気候です。

なのでまず、冬の沖縄の特徴から説明していきますね。具体的にどんな服装を選べばいいのかは、この記事の後半に書きます。

沖縄も冬は寒い

沖縄のラジオやテレビで、内地の人が沖縄の人に
「沖縄は冬でも暖かいと思いますが…」
みたいなことを言うと
「沖縄も冬は寒いですよー!!」
と強い口調で応えているのを聞いたことがあります。

私も最近になって実感したんですけど、沖縄の冬も寒い時は寒いんです。

予想気温と体感温度のギャップ

 
冬の沖縄に旅行するときの服装
シーサーもクリスマススタイル

天気予報で沖縄の予想最高気温を見ていると、12月なのに明日は22℃もあるのか、いいなぁ。暖かそう。と思います。

でも実は冬の沖縄はなにせ風が強いんです。っていうか、沖縄はそもそも海に囲まれているので年間通じて風が強いんですよね。

それで特に11月から3月頃までの冬前後の期間は、北風がとても強く吹く日があるんです。北風が強く吹く日は、もう逃げ場のない寒さを感じます。

しかも観測記録には残らないような細かい雨が地味に降り続けていたりして、風と雨でどんどん体温が奪われていくんです。

だから沖縄の冬は予想気温のイメージと体感温度のギャップ大きくて、想像以上に寒く感じます。

冬でも暑い日がある

でも、先ほど”寒い時は寒い”と書いたのは、日差しが出てくるとものすごく暑いからなんです。

沖縄の太陽は、真冬でも雲がなければギラギラと照りつけるような日差しです。内地のポカポカしている小春日和のイメージとはまったくパワーが違います。

基本的に沖縄の冬は分厚い雲にどんよりと覆われているんですけど、たまにスカッと晴れる日や時間帯があります。そうなると半袖でも過ごせるくらい暑い時もあるんですよ。

関連記事→12月下旬の沖縄の天気と体感メモ(写真多め)【その2】

まだ沖縄の冬を知らなかったときに、うちなんちゅに
「沖縄の冬ってどうなんですか?」
と聞いたら
「沖縄の天気はわからないさ。1月でも半袖着てる日もあるさ。」
と教えてくれました。

どんな服装を用意すればいいの?

ということで、冬の沖縄に旅行するときの具体的な服装を紹介します。

服装のイメージをしやすいように、楽天市場の商品画像を載せておきますので参考にしてください。

アウター

沖縄到着後のアウターには、強い北風や細かい雨を防げるウィンドブレーカーやレインコートをおすすめします。おすすめというか、必須アイテムだと私は思います。

たたんで持ち歩いてもかさばらないものを、外出用のバッグに一つ放り込んでおきましょう。

最近マウンテンパーカーが流行っているので、種類も増えて選びやすくなりました。

それから、マウンテンパーカーを着るほどでもない気温が高い日に、急に小雨がぱらついたりすることもあるので、レインコートやポンチョを持っていると安心です。

丈の長いタイプを持っておくと、公園のベンチが濡れていてもちょっと腰を掛けて休憩することができます。

レインポンチョはリュックやショルダーバッグの上からでも羽織れるので便利です。

もしおしゃれを気にしないなら、コンビニで100円ぐらいで売ってる白いレインコートも便利ですよ。

トップス

トップスにはトレーナーやパーカーが気温調節しやすくて便利です。

ニット素材よりも風を通しにくいことや、小雨で濡れてもそんなに気にならないかなと思うのでおすすめです。

サッと羽織ったり脱いだりできるし、着ていないときは腰に巻いておけば手が空くので持ち歩きやすいです。

真冬なら分厚い生地でも大丈夫でした。冷たい風が強い時もあるので、ジップアップの場合は首元までしっかり閉められるデザインがいいと思います。

インナー

インナーに薄手の長袖のカットソーを用意しておくと、冬の沖縄では重宝します。半袖も持っていきますが、いつも長袖の上に半袖を重ね着してちょうどいいぐらいです。

最近絶賛愛用中なのが、下のVネックカットソーです。洗濯すると縫い目が斜めになってしまうのが玉にキズですが、分厚さもシルエットもちょうどよくて、これ1枚でも出歩けるから使いやすいです。

ボトムス

もしリゾート地に行くとしても、残念ながら冬の沖縄でリゾートワンピは寒いです。それに、風が強いのでスカートがめくれ上がって大変だと思います。

スカートであれば、スエット素材の分厚いロングスカートの下に厚手のタイツを履くくらいがちょうどいいと思います。

でもやはり私はスカートよりもロングパンツをおすすめします。

ポケットが大きくてゆったりしているベイカーパンツは便利です。スマホとかカメラのキャップ、パンフレットなど、旅先では何かと細々したものが出てくるので、大きいポケットは役に立ちます。

それにゆったりしたデザインは、ズボンの下にヒートテックタイツをはいたりできるので沖縄の変わりやすい気候に向いていると思います。

ネックウォーマーは超便利

冬の沖縄旅行で超便利だったのがネックウォーマーです。

私はイオンの雑貨屋さんで、ボタンで留められるタイプのものを買いました。

ボタンで脱ぎ着できるので、帽子をかぶっていてもお化粧をしていても気にせずに首に巻いたり外したりできます。

ネックウォーマーをして首だけ暖かくしておけば、服装が少々薄着でも寒さが気にならない時もあるんです。

北風の強い日であればなおさら。ネックウォーマーがあるのとないのでは暖かさが全然違いました。

コンパクトで持ち運びも便利だし、使わないときはバッグやカメラのストラップに巻いておくこともできます。

めっちゃ便利なので超おすすめです。

服装選びのポイント

さて、ここまで具体的な服装のイメージを紹介しましたが、最後に服装選びのポイントだけをまとめると、

  • 北風対策ができること
  • 小雨に降られても大丈夫なこと
  • 気温調節をしやすいこと

の3つを押さえておけば、まぁなんとかなるかなと思います。

うちなんちゅの服装を見ていると、ユニクロのウルトラライトダウンを着ている人をよく見かけます。正直、ダウン姿を見て暑いなと感じる日もあれば暖かそうだなと思う日もあります。

それくらい冬の沖縄は寒暖差が激しいので、自宅から空港に行くまではダウンを着て行った方がいいと思います。

いや~しかし、冬の沖縄で雲の隙間から突然太陽の光が差すと、太陽の力強さを実感します。あぁ。だから沖縄では太陽が神さまなんだとしみじみ思いますよ。

晴れたらいいですね♪

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください