「もずくの日」に食べた生もずく-磯臭さは下処理で海草の香りに

毎年4月の第3日曜日は、沖縄ではもずくの日だそうです。

2017年のもずくの日は4月16日でした。ちょうど沖縄滞在中だったので、沖縄でもずくの日に採れたてのもずくを食べることができました。

ただ、生のもずくを自分で調理するのは初めてで、パックを開けた瞬間の磯臭さに困惑。

慌てて調べた結果、軽く湯通しすることで磯のにおいが和らぐことを知りました。

スポンサーリンク

「もずくの日」に新鮮な生もずくが大特価

「もずくの日」とは、もずくが一番旬の時期に沖縄もずくのおいしさをたくさんの人に知ってもらおうという日だそうです。

なのでもずくの日の沖縄県内では、もずくのつかみ取りや試食会などのイベントが開催されます。

「もずくの日」イベント情報【おきなわ物語】

そしてイベントだけでなく、沖縄のスーパーでは新鮮な生もずくが大特価で並ぶのです。この日(2017年4月16日)はなんと100g38円!テンション上がるー。

もずくの日に買った沖縄産生もずく

生もずく100g38円でゲット!

さてこの生もずくをどうやって食べようか。いやいや、ここはシンプルに三杯酢でしょう。

生もずくの臭みは湯通しすると和らぐ

ところがです。張り切って生もずくのパックを開けた瞬間、ブワッと広がったのは磯のにおいでした。

え~。やばい。磯のにおいすごい。正直臭い…。

若干引き気味で夫に訴えると、「海草のにおいとは思うけど、こんなもんじゃないん?」との回答。

ググった感じ、やはりにおいについては人それぞれで、この磯の香りがうまいんやー。と、買ってきてそのまま食べる方もいらっしゃる様子。私はまだまだ修行が足りないのでしょう。

いろいろ調べ悩んだ結果、湯通しすることにしました。

といっても、ヤカンで沸かした熱湯をワシャワシャと回しかけて、その後冷水で2回くらいゆすぐだけ。

このひと手間で磯臭さは一気に和らぎました。

もずくに合わせた三杯酢

さてお次は三杯酢。

沖縄のスーパーにはもずく酢のタレもありますが、私は自分で作りたい派。そして一番おいしいと思う三杯酢のレシピは、ミツカン酢の瓶に載ってるこの黄金比率です。

合わせ酢の作り方【ミツカン】

生もずくに合わせた三杯酢

三杯酢はミツカンの比率が好きなんです

しっかり水気を切ったもずくに三杯酢をかけて、仕上げにレモンを添えて完成。

沖縄産生もずくのもずく酢完成

沖縄産生もずくのもずく酢完成

プリプリ食感と海草の香り爽やかなもずく酢

うまーい!全然臭くない!爽やか!

採れたての生もずくはツルツルでプリプリでした。

そして磯臭いと思っていたあのにおいは、おいしい海草の香りとなって鼻を抜けていきます。添えたレモンがまたいい感じ。

磯臭さって消えるんですね。

最初はかなり不安になりましたが、さっと湯通してゆすいだら全く臭みなく食べられました。それからミツカン比率の三杯酢(酢3:砂糖2:しょう油1)に、1/4個くらいのレモン汁を加えたら、爽やかさが増してさらにおいしかったですよ。

この爽やかさと食感は夏バテの時に食べたらシャキーンと復活できそう。

自炊旅行で生もずくを見つけた時にはぜひぜひお試しを。

この滞在のダイジェスト&体験記事一覧→2週間の沖縄滞在から帰ってきました

料理自炊旅行食事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クイナがこけたをフォローする
沖縄旅行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました