映画『ホテル・ハイビスカス』ロケ地-マブイを落としたフクギ並木

スポンサーリンク

私たちは今まで、長い時間をかけて沖縄を舞台にした映画『ホテル・ハイビスカス』のロケ地を探し続けてきました。そしてまた今回新たに1ヶ所、ロケ地を見つけましたので報告です。

新たに発見したのは、美恵子がマブイ(魂)を落としたフクギ並木。

このフクギ並木は、Googleマップのストリートビューで何度探しても、それどころか、実際に沖縄で歩いて探しても、今の今まで見つけられなかった場所でした。

ということで、本題に入る前に一応注意書きです。

この記事は、ネタバレしています。もし映画『ホテル・ハイビスカス』をまだ見ていない方は、ぜひ作品をご覧になってから読んでください。Amazonプライムビデオでは無料で視聴できるそうです。

ホテル・ハイビスカス【Amazon】

と、毎回くどい程ネタバレ宣言をしているのですが、よく考えたら、『ホテル・ハイビスカス』を見たことがない人は、そもそもロケ地をネット検索しませんよね。ハハハ。

話の流れとおさらい

美恵子がマブイを落とすまでの話の流れと、そのロケ地を併せておさらいします。

校庭で同級生に石を投げつけた美恵子は、家で待ち構えていた父ちゃんにこっぴどく叱られます。

母ちゃんが帰ってこないうえに、普段絶対に怒らない父ちゃんに叱られた美恵子は、家を飛び出して、一人で夕暮れの町をさまよいます。

そこからしばらく映像だけで展開していくのですが、まず沖縄の昔ながらの住宅地を美恵子がずんずん歩いて行くシーン。これは名護市数久田がロケ地です。

過去記事→二見・大浦・瀬嵩・数久田編

あたりはすっかり暗くなって、美恵子は一人、公園に入っていきます。そしてその公園で美恵子の叔母さんだという多恵子に出会います。これは名護市宇茂佐がロケ地でした。

過去記事→名護市宇茂佐編

多恵子と遊んでいるうちに、公園に父ちゃんが迎えにきます。

さて、ここからが新たに発見したロケ地です。

マブイを落としたフクギ並木

父ちゃんの背中におぶわれた美恵子が、父ちゃんと大事な話をするシーン。

「母ちゃん死んでないかなぁ。」
「大丈夫よ。大丈夫。」

という会話から、父ちゃんは沖縄の人が大切にしている心について、美恵子に言って聞かせます。ところが、話の途中で美恵子はマブイを落としてしまうのです。

このシーンで印象的だったフクギ並木がこちら。

ホテル・ハイビスカスロケ地-マブイを落としたフクギ並木【名護市屋部】
「大丈夫よ。大丈夫。やがて帰ってくるはずよ。」

個人のお宅前なので、合致点を細かく説明するのは控えますが、映像と見比べたらわかってもらえると思います。

そして、一番大事な話をして灯りの下に出てきた父ちゃんが、ぐにゃぐにゃになっている美恵子を寝たと勘違いするシーン。

「あい。寝たか。」

ホテル・ハイビスカスロケ地-父ちゃんに背負われた美恵子【名護市屋部】
「あい。寝たか。」

溝の位置といい、道の曲がり具合といい、もう絶対ここで間違いない。はず。

明るい写真だと分かりづらいので、1枚目の写真を夜っぽく加工してみました。

ホテル・ハイビスカスロケ地-夜の映像風に写真を加工
夜のシーンぽく写真を加工

ふふふ。マニアック。

フクギ並木の場所

新たに発見したこのロケ地は、名護市屋部にあるフクギ並木でした。地図だとこのあたり。

今まで私たちは、このシーンがてっきり名護市宇茂佐で撮影されていると思っていました。エンドロールにも屋部の地名は出てなかったし。

なので、宇茂佐へロケ地めぐりに行ったときには、宇茂佐の道を何度も行ったり来たりして、このフクギ並木を探していたんです。でも見つからなくて、工事か何かでもうなくなってしまったのかと思っていました。

ところがどっこい。宇茂佐のすぐ隣の屋部地区に、ほとんど映像のままの姿で残っていたんです。

しかもこの場所を見つけたのは、たまたま偶然そこを通りがかったというのがきっかけ。すごいね。こんなことって、あるんですね。嬉しいさー。

さあ、『ホテル・ハイビスカス』のロケ地探し。まだまったく見当もついてないのは、美恵子がキジムナータンメーと出くわしたあの山道ぐらいじゃないかなぁ。がんばろう。

はは。がんばらんでよろしい。

『ホテル・ハイビスカス』ロケ地の記事一覧

辺野古・久志編
二見・大浦・瀬嵩・数久田編
国頭村安波編
名護市親川編
名護市宇茂佐編
ホテル・ハイビスカスのパイン畑を探して

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください