名護ぐだぐだ街歩き-屋部から東江まで歩く【最終話】

スポンサーリンク

12月の沖縄滞在中、名護市屋部のホテルから歩いてオリオンハッピーパークを目指し、最後に工場見学をして、出来たてビールで乾杯しよう!という計画で街歩きをした話の、最終話です。

かくかくしかじかあって、予定していた時間は大幅に過ぎ、ビール工場見学も断念しました。

かくかくしかじかについては、その1、その2をご覧下さい。
その1・屋部、宇茂佐編
その2・宮里編

出来たてビールで乾杯という目的を失った私たちは、宮里の集落を散策しながらも、その後どこに向かえばいいのか定まらずにいました。

なんならここから最寄りのバス停を探して、もうバスでホテルに帰る?という話も出ていた時のこと…

素晴らしいひらめき

ここでまたひとつ、ふと思い出したことがありました。

そういえば、オリオンハッピーパークの近所に、ビール工場直送の生ビールが買える酒屋さんがあったんだっけ。確かそこで、立ち飲みっぽい感じで出来たてのオリオンビールを飲んだ。という話をなにかで読んだはず。

なんと素晴らしいひらめきなのでしょう。調べるとビール工場付近に、知名商店という酒屋さんがあることがわかりました。

これだ。これしかない。そうと決まれば善は急げ。とにもかくにも東江方面を目指して再び歩き始めます。

東江まで急ぎ足

名護市宮里から東江を目指す途中にも、見に行きたい箇所はたくさんあったのですが、もう体力も気力も限界でした。なにせ足が痛い。

暗渠の話で出てきたイリミャートゥ(西湊)の辺りも通りましたが、雑な記録写真を撮っただけで、ほぼスルー。

その川沿いの、あぁこの先から暗渠に変わるんだろうなという場所も、この先を見に行く気力がなくスルー。

イリミャートゥから続く川(名護市港)
きっとこの先から暗渠に…

そういえば、名護市営市場にもぷらっと立ち寄りましたが、写真を一枚も撮っていない。すごいね、疲労ってすごい。

ひたすら工場直送ビールを目指して、ついに名護のひんぷんガジュマルまでたどり着きました。

ひんぷんガジュマル(名護市大東)
ひんぷんガジュマル

わーい。もうすぐビールー!

ひんぷんガジュマルの場所

バスの時間を検索

とその前に最後の一仕事。帰りのバスの時間を、酔っ払う前に調べないといけません。

ところがこれがまたうまくいかなくて、乗車する路線と、最寄りのバス停と、その時刻表を調べるのがめっちゃ大変でした。

沖縄の路線バスのルート検索

沖縄の路線バスって、Googleマップのルート検索では調べられない路線もあるらしく、知名商店からホテルまでをGoogleマップで調べると、最寄りのバス停が「世冨慶(よふけ)」とか表示されるんです。

でも世冨慶って東江よりひとつ那覇寄りの地区で、歩いて15分もかかるんです。そこが最寄りのバス停って、そんなわけがない。

それで、「バスなび沖縄」というアプリを使ってやっと調べることができたのですが、正直、このアプリも使いにくかったです。

検索結果がころころ変わったり、挙動が重たかったりするし、あと、地元じゃないのでルートの説明がピンとこないんです。

初めて検索結果を見た時、え?名護バスターミナル?乗り換えるっていうこと?って思いました。

沖縄の路線バス検索
「バスなび沖縄」検索結果のスクリーンショット

何回かトライしているうちに、これは経由するバス停の到着時刻が表示されているんだと、ようやくわかったんですけどね。

と文句言ってるくせになんですが、これがないと沖縄の路線バスは調べられないので、ぜひご活用ください。時間に余裕があるときに、前もって調べておくのがいいんだと思います。

バスなび沖縄【PCサイト】

バスなび沖縄

バスなび沖縄
開発元:モバイルクリエイト株式会社
無料
posted withアプリーチ

ということで、知名商店からホテルへ向かう最寄りのバス停は「名護職安前」。バスの時間は16時56分発。よし。これで準備OK!

工場直送ビールで乾杯

知名商店は、名護博物館の向かい側にありました。

工場直送のオリオンビールが飲める知名商店(名護市東江)
工場直送ビールが飲める知名商店

通常、ビール工場で樽詰めされたオリオンビールは、工場から一旦流通センターへ運ばれて、そこから各小売店に配送されるそうです。

でも知名商店は、オリオンビールと古い付き合いがあって、工場から直接ビールを仕入れているんだそう。っていう感じの話を、どこかのサイトで読んだ気がします。どのサイトだったか忘れてしまったけど。

ま、難しいことはいいさーね。かんぱーい!

工場直送のオリオンビールで乾杯(名護市東江)
待ちに待った乾杯の時

パー!ビールうまーい!これはうまい。ほんとにうまい!

ビールは鮮度が命って、こういうことだったのかと、初めて理解できたうまさでした。サーバーもめっちゃ綺麗に洗浄してるんやろなぁ。

なんか、ハッピーパークの工場見学はできなかったけど、結果的にそれが良かったなと思いました。

予定通り工場見学をしていたら、知名商店で生ビールを飲みながら、名護の街をぼんやり眺める夕暮れ時は過ごせなかったと思うから。

ほんとはもう1杯おかわりしたかったけど…。つかの間のいい時間。

知名商店の場所

終わり良ければ

さぁ、いい感じのほろ酔いでバス停に向かいます。

街歩きの帰りはバスで(名護職安前バス停)
名護職安前バス停

沖縄のバスは時間通りに来ないとよく聞くので、どれぐらい待つのかなと思っていたけど、ほぼ時間通りに無事乗車。

沖縄の路線バス車内
初めて乗る沖縄の路線バス

沖縄で路線バスに乗るのは初めてかも。コミュニティーバスには乗ったことあるけど。

過去記事→読谷村でバスに乗った話

レンタカーとは目線の高さが違うから、風景も全然違って見えます。乗り降りする人の人間模様も楽しいし、何より気楽。ルート検索はややこしかったけど、乗るのはめっちゃ楽しいです。

ホテル前のバス停には5分程度の遅れで到着。ホテルには日が沈む前に帰ってこれました。

ホテルから見えた夕空(名護市屋部)
ベランダから見えた夕空

思っていたのとは全然違うスケジュールになったけど、集落散策は楽しかったし、おいしいお弁当も食べたし、ビール飲んで、バスに乗って、結局楽しい一日でした。

車を置いて街歩き、何かしらハプニングは起こりますが、楽しいですよ。おすすめです。

ただ、街歩きの寄り道は、ピンポイントに1ヶ所ずつ「点」で計画した方が良さそうです。集落散策を予定に入れちゃうと「面」になってしまうので、そこから先になかなか進めませんね。ハハハ。

おしまい

その1・屋部、宇茂佐編
その2・宮里編

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

2 thoughts on “名護ぐだぐだ街歩き-屋部から東江まで歩く【最終話】

  • 2019年2月20日 at 5:29 PM
    Permalink

    沖縄そばの店を検索してたら辿り着きました。

    こうゆう通な情報がありがたい!
    今年のお盆にルートイン名護に泊まる予定があるので、歩いて知念商店行ってビール飲んでみます♪

    Reply
    • 2019年2月20日 at 5:40 PM
      Permalink

      沖縄病のchipさん

      こちらこそありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです。

      お盆に名護に行かれるんですね。

      お節介かもしれないんですけど、最近オリオンビールに大手買収の話があったので、今後も知名商店で直送ビールが飲めるのかどうか、日程が近くなったら問い合わせてみた方がいいかも。と思います。

      名護滞在楽しんでくださいね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください