1月末に沖縄旅行した時の天気と旅行記【1日目】那覇・宜野湾編

スポンサーリンク

2015年の1月末に4泊5日で沖縄旅行に行きました。沖縄の冬は1月末から2月にかけてが一番寒いそうですが、実際はどんな体感だったのかを思い出しながら、過去のお天気データと比較しました。

ついでに、寒い時期の沖縄でどんな過ごし方をしたのかを、旅行記的に書きました。その時の写真も載せているので空の色など参考にしてください。

2015年1月27日過去の天気データ

天気:雨時々曇り
最高気温:20.2℃
最低気温:17.6℃

体感はめっちゃ寒かった

観測データを見ると、冬なのに最高気温が20℃もあります。でもこの日は冷たい風が強く吹いて、なんとなくずーっと小雨がちらついている冷たい一日でした。

ところで、2015年の1月27日は、旧暦の12月8日にあたります。旧暦の12月8日は、沖縄の伝統行事「ムーチー」の日。

ムーチーの日とは、沖縄の家庭でお餅を作って歳の数だけ食べる、健康祈願の行事なんですが、それともう一つ、沖縄には「ムーチービーサー」という言葉があるそうです。それは、「ムーチーの日は寒くなる」という意味なんですって。沖縄では旧暦12月8日の「ムーチー」の日を境に冬が始まるとされている時期だそうですよ。

「ムーチービーサー」、ぴったり当てはまってました。私たちが行く前の週まで小春日和だったみたいですが、この日はめっちゃ寒かったです。

1日目の旅行記

今回の沖縄旅行は、神戸空港からソラシドエアで那覇空港へ向かいました。機内では持参したおにぎりと、機内サービスのアゴユズスープで腹ごしらえ。

1月末の沖縄旅行-ソラシドエアの機内サービス
アゴユズスープとおにぎり

関連記事→神戸・那覇間でソラシドエアを利用するメリットデメリット

ランチは那覇の泊いゆまちで

10時15分に那覇空港着。そこから手荷物を受け取ったり、レンタカーの手続きをしているうちにランチタイムです。

お昼ご飯は、泊いゆまち(那覇)のまぐろや本舗でマグロ丼です。いつもはマグロ丼なのですが、この日はねぎとろ丼を食べました。

1月末の沖縄旅行-泊いゆまちでねぎとろ丼
泊いゆまちでねぎとろ丼

まぐろや本舗は食券制で、券を渡す時に酢飯か、温かいご飯かを選べます。お味噌汁もあら汁とアーサ汁のどちらかを選びます。

ねぎとろ丼と、お味噌汁が付いて500円。とても回転の速いお店で、テーブル席は基本相席だし、カウンターもちょっと狭い感じですが、マグロの鮮度とお味は最高です。マグロウマウマ~♡

まぐろや本舗の詳細【食べログ】

那覇の護国寺を散策

昼食後は那覇市若狭にある護国寺へ。昔NHKBSで放送されていた琉球王国が舞台のドラマ『テンペスト』の中で、外国人宣教師のベッテルハイムが軟禁されていたとされるお寺です。

護国寺の敷地内に”ベッテルハイム博士居住之跡” と書かれた石碑が立っていたので、実際にここで生活していたようですね。琉球の歴史上では1386年に中山王察度(ちゅうざんおうさっと)が創建させたお寺だといわれています。

(中山王察度について少し詳しく書いた記事はこちら→冊封儀式の歴史を知ったら首里城祭は想像以上に粋なイベントだった

1月末の沖縄旅行-護国寺にある石碑
護国寺にある石碑

護国寺を散策した後、隣の波上宮(なみのうえぐう)にお参りしてから那覇を離れました。天気が良ければ波の上宮から見える海もキレイだったんだろうなぁ。

波の上宮は初詣の時期にとてもにぎわうそうです。

1月末の沖縄旅行-波上宮
波上宮は初詣の人気スポット

護国寺・波上宮の地図

初期の琉球国王を訪ねて

次に向かったのは宜野湾にある黄金宮。中山王察度が若い頃に住んでいた屋敷があったとされている場所です。

細い道を散々迷って探しましたが、普通の住宅街に突然ぴょこっと看板が立っていました。

1月末の沖縄旅行-黄金宮の目印
突然現れる看板

現在では本当に閑静な住宅街っていう雰囲気の場所ですが、察度の時代は牧港まで流れる牧港川がもっと広くて、黄金宮の近くまで船で行き来できたそうです。

天気がいい日に牧港から黄金宮まで川沿いを歩いてみたいな~。

1月末の沖縄旅行-黄金宮
黄金宮

黄金宮の地図

琉球八社の普天間宮へ

次に向かったのは宜野湾市普天間にある普天間宮。たしか「琉球八社」のうちの一つだったから見に行ったんだと思うけど、どんなお宮さんだったのかあんまり記憶がないんだな…。なんでだろう。

琉球八社とは【Wikipedia】

普天間宮の奥には女神が祀られた洞窟があるそうなんですけど、その洞窟は昔、西海岸までつながっていたって書いてある本を最近読んだので、どんなところなのかめちゃめちゃ気になります。次回もう一度行ってみたいと思います。

1月末の沖縄旅行-普天間宮

偶然見つけた神宮寺

普天間宮の隣には神宮寺という寺がありました。神宮寺は偶然見つけたのですが、後で調べてみるとこんなストーリーがありました。

1458年に中グスク(なかぐすく/現在中城村にある世界遺産)で、護佐丸(ごさまる)という武将が、謀反の疑いをかけられて王府軍に滅ぼされます。

その時の琉球国王は尚泰久(しょうたいきゅう)という人物でした。尚泰久の時代は琉球が統一されて間もない頃で、政権が不安定だったため、あちこちで争いが起こっていたそうです。その経験がきっかけだったのか、尚泰久は徐々に仏教にのめり込んでいきます。

それで一説によると、護佐丸が滅ぼされる直前に、護佐丸は中グスク内に長男の家を建築中だったんですって。でもそれは中グスク内で完成することはありませんでした。

ところが護佐丸討伐後、尚泰久は中グスクから建築中の資材を運ばせて、それで神宮寺が建てられたんですって。

中グスクから資材を運ばせた説はともかく、尚泰久が神宮寺を造らせた話は公式サイトにもありました。

神宮寺について【普天間山神宮寺】

実際に行ったときは、普天間宮の隣にもなんかあるー。ぐらいにしか思わなかったんですけどね。そんな話を知ったら、もう一度見に行きたくなったわ。

1月末の沖縄旅行-神宮寺
普天間宮の隣で見つけた神宮寺

普天間宮・神宮寺の地図

さて、こんな感じで第一日目終了。

この後、恩納村のホテル・恩納マリンビューパレスにチェックインしました。夕日の写真も撮っていないので、ずーっと天気が悪かったみたいですね。

天気が悪くて不機嫌だったのか、旅の記憶も抜けているところが多い一日でした(笑)

2日目に続く…

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください