1月末に行った沖縄の天気と旅行記-沖縄中部の史跡めぐり

スポンサーリンク

1月末に沖縄旅行した時の天気と旅行記の4日目です。沖縄の冬は1月末から2月にかけてが一番寒いそうですが、実際はどんな体感だったのかを思い出しながら、過去のお天気データと比較しました。

冬の沖縄旅行4日目は沖縄中部で史跡めぐりをしました。うるま市→沖縄市→北中城村→読谷村と、わりと広範囲の史跡めぐりでした。

2015年1月30日の天気データ

過去の天気データ

天気:晴れ後雨
最高気温:20℃
最低気温:15℃

実際の体感

午前中の早いうちはいい天気でした。風は少し強かったかな。天気がいいので安慶名グスク裏の闘牛場の広場でお弁当を食べたのですが、お弁当の蓋とかが風で飛ばないようにあれこれ工夫してた気がします(笑)でも、屋外でお弁当を食べようと思えるぐらいの体感だったってことですよね。

お昼に近づくにつれて雲行きが怪しくなってきて、遠くから黒い雨雲が近づいてきました。

そして午後からは雨が降ったりやんだりの天気。沖縄の雨の日特有のどんよりした重い雲でした(´・ω・`)

おすすめの穴場スポット安慶名グスク

さて、この日の午前中はうるま市にある安慶名グスク(あげなぐすく)を見に行きました。
安慶名グスクはぜひ見に行って欲しいおすすめの穴場スポットです。がっつり観光整備されているわけではないのでグスクに登るとなると少し険しいかもしれませんが、グスク裏側の闘牛場から眺めるだけでも充分に見る価値があります。

闘牛場側から眺めると特に、自然の岩山と石垣の境目が判らないぐらい精巧に城壁が積み上げられている様子を見ることができます。

そう、そしてこの日の朝はこんな青空だったんです。

安慶名グスク-闘牛場側
闘牛場側から見る安慶名グスク

このグスクは初代伊波按司の息子の安慶名大川按司が築城したといわれています。伊波按司は最近このブログにもちょいちょい登場していますね。安慶名大川按司の子孫には阿麻和利や大城賢勇など、琉球の歴史に名を残した人物がたくさんいます。(過去記事→読谷村拠点で史跡めぐりをした時のコースとスケジュール【うるま市編】

せっかく来たので、かなり勇気を出してグスクに登ってみました。安慶名グスクの入り口は闘牛場の反対側、駐車場の近くにある芝生広場の奥にあります。

安慶名グスク入り口
安慶名グスク入り口

狭い石段を登ると、自然石をくり抜いたところに切り石を組み合わせて作られたという城門があります。

安慶名グスクの城門
安慶名グスクの城門

自然石をくり抜いて作った城門といえば南城市の玉グスク(たまぐすく)もそうでした。切り石にもたれかかるような三角の入り口は斎場御嶽の三庫理(さんぐーい)を思い出します。ホンマに…昔の人はどうやってこんなん思いついてどうやって作ったんやろうと思います。

グスク内の写真を撮り忘れたんですけど、ちょっとした広場が2つぐらいあって拝所や香炉が置かれている場所(お墓?)がありました。

グスク内の広場は私には少し狭く感じたんですけど、この中に住居があったってことですよね。城郭からは住宅街が広がる景色が見渡せたけど、当時はどんな景色が見えてたんだろう。こういう手つかずのグスクに来るといつもそんなことを考えます。

安慶名グスクの地図

 

ちょっと残念だったかも…越来グスク

続いて向かったのは沖縄市にある越来グスク。ここはねー…。正直残念だった。というのも、一方的にかなり期待を膨らませてしまってたから(;´∀`)

私が琉球王国の歴史を知りたいと思って歴史本を読み始めた頃、最初は何もかもがさっぱりチンプンカンプンで、でもとにかく機械的に本を読み続けてたんですよね。それで、初めておもしろいと思えるようになったのが尚泰久王周辺の人間ドラマだったわけです。

それで、尚泰久王が即位する前に住んでいたのが越来グスクなんですけど、尚泰久王は尚巴志の七男だったので本来なら王に即位する可能性はほぼ無かったそうです。でも、歴代の王が短命だったり内部抗争で共倒れしちゃったりで、40歳で予想外に即位した王だったんですね。

それに、第二尚氏を築いた尚円も若い頃、越来グスクで尚泰久に仕えていてそこで才能を認められて王宮に上がったっていう話もあって。

そういうストーリーを読んでいたので、『越来グスクってめっちゃ出世運が強いグスクやん?!』って当時思っていたわけです。

だからすごく期待を膨らませていて、でも行ってみたらドーン!

越来グスク石碑
越来グスクの石碑

普通の公園に拝所があるだけやん。って行った当時は思ってしまった。おまけに越来グスクに到着するころにはしとしと雨が降ってきてたから余計にテンションが低かったんだと思う(;´∀`)

越来グスクの拝所
越来グスクの拝所

でも今もう一回行ったらまた違って見えるんだと思うなぁ。それに、戦争で破壊されてしまってこうなったらしく…。戦争ってつくづく愚かなことだと思ったし、これも歴史なんだということですよね。

本当に出世運の強いグスクだったかどうか、今になってもう一度調べ直してみたら、なんか違うような気もするけど(汗)、でももし私が何かの試験とか受けることがあったら、なんとなくここに来るだろうなと思う。お願い事まではしないだろうけど、なんとなく…信じるものは救われる的な(笑)

越来グスクの地図

歴史の謎に包まれる?!仲順大主の墓

次に向かったのは北中城村にある仲順大主の墓。

仲順大主の墓
仲順大主の墓

ここはねぇ、なんだか謎が多い場所なんです。仲順大主というのは、昔々この仲順地区の草分け的な人物だといわれているらしいんだけど、いろんな歴史本を読んでいるとこの辺一帯が、琉球史上で実在したといわれている最古の王(?権力者)だった舜天一族と関わりが深いみたいで。

この仲順大主の墓の近くに”実は義本王の墓だと伝わる古墓”があったり、仲順大主の墓は実は舜天一族の2代目舜馬順煕の墓だと書いてる本もあるし、調べれば調べるほどおもしろそうな場所なんですよね。

ただ、このお墓の前から見える景色は中城湾を一望できる絶景で、こういう景色を見ると、今帰仁村にあった百按司墓みたいに、港に入ってきた交易船を見渡せるように建てられたお墓なのかなと思うんですよね。そうなると、按司の中の按司とか世の主とかいわれたクラスのかなり勢力を拡大していた権力者のお墓なのかもしれないとか。(過去記事→1月末に沖縄旅行した時の天気と旅行記【3日目】今帰仁村編

ただ、この日は雨が降っていたから一望できる中城湾もどんよりでした。参考までに天気悪い日の写真を載せておきましょうね~(;´∀`)

仲順大主の墓前から見渡せる中城湾
仲順大主の墓前から見渡せる中城湾

仲順大主の墓の地図

見直されたヒーロー阿麻和利の墓

さて、この日の最後に向かったのは阿麻和利の墓。
阿麻和利の墓は読谷村楚辺の住宅街の中にあります。私有地だと聞きましたが、読谷村の史跡マップにも載っているので私たちがお参りしても大丈夫なのかなと思います。きちんと手入れされていて大切に守られているんだなと感じました。

阿麻和利の墓
阿麻和利の墓

阿麻和利は勝連グスクの11代目城主でした。護佐丸・阿麻和利の乱で琉球王府軍に討たれたことになっていますが、一説では生き延びて、生まれ故郷の(嘉手納町)屋良まで逃げてきたそうです。そして(読谷村の)楚辺までたどり着いたといわれています。その後は、追っ手に捕まって討たれたとか静かに余生を過ごしたとかいう説があります。

阿麻和利は琉球史上で長い間、王を騙した上に政権を乗っ取ろうとした悪者みたいな人物像で知られていたそうです。でも、阿麻和利が治めていた勝連一帯では阿麻和利を讃える唄がたくさん残っていたことが近年わかったらしく、実は阿麻和利は人気者過ぎて王府に滅ぼされたんじゃないかっていう見方が最近では通説になっているみたいですね。

阿麻和利の墓の地図

さて、4日目はこれにて終了。
そうそう、旅の後半になると、だんだん車移動の方が多くなってきます(笑)疲れがたまってくるもんね~。そりゃ朝から晩まで出ずっぱりで4日間もすごしたら疲れますよね。

あてもなく集落をプラプラ散策した方が、意外な発見があっておもしろそうなんですけどね。まぁそれはその時の体調と相談しながら楽しみたいですね。

応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください