映画『ホテルハイビスカス』ロケ地めぐり【名護市親川編】

スポンサーリンク

映画『ホテル・ハイビスカス』のロケ地めぐりで名護市親川へ行ってきました。

名護市親川は、美恵子が缶蹴りをして遊んでいるシーンの撮影場所ではないかと思われます。なぜ”思われる”のかというと、実際に親川に行ってみると予想外な出来事が起こっていたからです。

【注意】この記事はネタバレしてます

まず始めに、ロケ地めぐりの記事を書くときにはいつも書いている注意事項なんですが…

この記事を読むと映画『ホテル・ハイビスカス』の内容がかなりネタバレしてしまうので、ぜひ先に映画を観てください。Amazonプライムビデオでは無料で視聴できるそうです。

ホテル・ハイビスカス【Amazon】

美恵子が缶蹴りしていた広場

さて、本題。
アメリカへ行った母ちゃんから届いた手紙を、東村宮城のパイン畑の手伝いに行った父ちゃんに届けるために美恵子が一人で出かけた話のくだり。

バスを降りた美恵子が、偶然出会った子どもたちに交ざって缶蹴りをしていた広場は、おそらく名護市親川の元々公民館があった場所だと思われます。

どうして”思われます。”なのかというと、背景に映っていて印象的だった古民家風の建物がなくなっていたから。それと、遊具の位置が移動しているという予想外の出来事が起こっていたからです。

だってまさか公園の遊具が移動するとか思わへんやん!?

とういうことで、映像と何度も見比べて確信した古民家風の建物があったと思われる場所はこちら。

美恵子が缶蹴りをしていた広場-映画『ホテルハイビスカス』ロケ地
美恵子が缶蹴りをしていた広場

上の写真のジャングルジムと雲梯がある場所に古民家は建っていたはずです。

証拠の品々

古民家がなくなって遊具が移動してるけど、きっとこの場所で撮影しているに違いないと、自分の中で確信した証拠の品々を紹介します。

まずは滑り台付きのジャングルジムとアーチ型の雲梯。

滑り台付きのジャングルジムと雲梯-映画『ホテルハイビスカス』ロケ地
滑り台付きのジャングルジムと雲梯

それから、木製の柱に取り付けられたバスケットゴールとシーソーと古いブランコ(映画の中ではジャングルジムの向こうにブランコが映っていました。)

シーソー・ブランコ・バスケットゴール-映画『ホテルハイビスカス』ロケ地
シーソー・ブランコ・バスケットゴール

って、ちょっと必死になりすぎかしら…(*´ω`)

映画と同じ風景も残っていた

子どもの一人が缶を蹴り飛ばした後に、美恵子が走って木の後ろに隠れるシーンの背景に映っていた景色は、映画とほぼ同じ風景でした。

走る美恵子の後ろに見える風景-映画『ホテルハイビスカス』ロケ地
走る美恵子の後ろに見える風景

それから、美恵子が木の後ろに隠れた後、向こうの様子をうかがおうとする男の子の頭をしばいて
「見つかるだろ!隠れろ!」
と注意するシーン。

2人が隠れてた大きな木はなくなっていましたが、バスケットゴールの柱から見た景色も、少し映画の中の風景を残しています。

「見つかるだろ!隠れろ!」のシーン-映画『ホテルハイビスカス』ロケ地
「見つかるだろ!隠れろ!」のシーン

写真の右端の古い鉄棒も映っていましたね。

缶蹴りシーンの効果

この缶蹴りのシーンを初めて観た時、最後に美恵子が
「よーし!行くぞー!!」
と駆け出して思いっきり缶を蹴ったあたりで、みぞおちの下の方が少しキュッとなりました。

一緒に遊んでいた子達はすぐ近くにお家があるけど、美恵子は1人遠くに来てしまったという心細さと焦りが急に押し寄せてくるようなシーンです。『あんた、これからどうするねん。』って観てるこっちもやきもきします。

後になってふと、なんであのシーンを入れたんだろうって考えてみたんですけど、あれをきっかけに美恵子は現実離れした世界に入っていくんですよね。キジムナーたんめーとツリーハウスで一晩遊んだり、キジムナーに出会ったり、ボロボロの芭蕉布(?)を着たおじいと出会ったり…

この映画の妙に生活感がある現実的な雰囲気から、幻想的な雰囲気へといざなうために、あの夕暮れのシーンは必要だったんだろうなぁ。って個人的には解釈しています。(深読みし過ぎ?)

最後に一応、夕暮れっぽく見えるように写真をセピア色に加工してみました。かなり雑ですけど(笑)

ポツンと一人残された美恵子-映画『ホテルハイビスカス』ロケ地
ポツンと一人残された美恵子

名護市親川公民館跡の場所

『ホテル・ハイビスカス』ロケ地の記事一覧

辺野古・久志編
二見・大浦・瀬嵩・数久田編
国頭村安波編
名護市親川編
名護市宇茂佐編
ホテル・ハイビスカスのパイン畑を探して
マブイを落としたフクギ並木

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください