沖縄が舞台の映画で一番おすすめしたい『ホテル・ハイビスカス』

沖縄が舞台の映画の中で一番おすすめしたいのは、蔵下穂波ちゃん主演、中江裕司監督の『ホテル・ハイビスカス』です。

今までたくさんの沖縄映画を観ましたが、これに勝る映画にはまだ出会えていません。

誰も死なない、争わない(喧嘩はするけど)、色恋沙汰なしで、ここまでおもしろい映画ができるんだと、映画鑑賞歴が増せば増すほど、この映画のすごさを感じています。

そして何より、ふんだんに盛り込まれた沖縄要素が沖縄好きにとってはたまらない、めちゃくちゃ沖縄を感じられる映画です。

ネタバレしないよう気をつけながら『ホテル・ハイビスカス』の魅力を熱烈に語ります。

スポンサーリンク

映画の舞台は沖縄の基地の街

『ホテル・ハイビスカス』の舞台は沖縄のいわゆる基地の街にある小さなホテル。

映画の舞台となった小さなホテルのロケ地(名護市辺野古)

映画の舞台となった小さなホテルのロケ地(名護市辺野古)

そこで繰り広げられる日常のようで非日常のような、いろんな出来事を通して、沖縄の人たちが大事にしていることや沖縄の文化、習慣などが描かれています。

基地の街が舞台とはいえ基地の是非を問う映画ではなく、中江監督の言葉を借りると「ありのままの沖縄の姿を表現した」映画。

沖縄を感じられる要素が満載

ありのままの沖縄の姿を表現しているだけあって『ホテル・ハイビスカス』は、次から次へと沖縄好きのツボをつついてきます。

例えば、うちなーぐち、オバーのしまくとぅば、沖縄のイントネーション、三線の音色、沖縄の風景、海の青、夏空、沖縄の行事、マジムンとの共存…

などなど沖縄好きな人が、沖縄のどんなとこが好き?と聞かれたら挙げるであろうポイントがぎっしり詰まっています。

作品全体がそれなので、久しぶりに沖縄を感じたいなぁ。と思っている沖縄好きにはめちゃくちゃおすすめです。

沖縄を感じられる風景(ロケ地:名護市数久田)

沖縄を感じられる風景(ロケ地:名護市数久田)

それに沖縄のことを深く知るにつれ、なるほど。ホテル・ハイビスカスのあの演出はそういう意味だったのか。と、後からピンとくることも多々ありました。

そういう意味では沖縄を感じられるだけでなく、沖縄をもっと知ることができる映画かもしれません。

実はキャスティングがすごい豪華

実は『ホテル・ハイビスカス』がめちゃめちゃ豪華キャスティングだったことは、後から知りました。

平良とみさんや吉田妙子さんなど沖縄芝居に欠かせない役者さんたちはもちろん、今も昔も東京で大活躍している俳優さんもたくさん出演しています。

そしてなにより、個性豊かな登場人物が沖縄民謡界のすごい人たちだったことには驚きでした。

登川誠仁さん、照屋政雄さん、大城美佐子さん、国吉源次さん、松田末吉さんなど、大物がずらりと勢ぞろい。

沖縄民謡を好きになって唄者さんたちの名前が覚えられるようになったのは、この映画がきっかけです。

なぜか懐かしい気持ちになる映画

それから不思議なのは、ホテル・ハイビスカスを観ていると、なんとなく自分の子どもの頃を思い出して懐かしい気持ちになるんです。

主人公の女の子が通う小学校での出来事や同級生とのやり取り、夕暮れ時の住宅地の音や風景が、昭和の時代を思い出して懐かしい。

主人公が通う小学校(ロケ地:名護市瀬嵩)

主人公が通う小学校(ロケ地:名護市瀬嵩)

だけどホテル・ハイビスカス自体は2002年の作品なのになんでだろう。と思っていたら、原作漫画の時代設定が1980年代なんですね。今初めて知りました。納得。

初めて観たときはイラッとした

さて、これだけ持ち上げといてアレですが、初めて『ホテル・ハイビスカス』を観たときはこの映画の魅力がちっともわかりませんでした。それどころか、正直イラッとしました。

なんでかって、蔵下穂波ちゃん演じる主人公の美恵子が元気過ぎるんですもん。

あんなに伸び伸びと感情豊かにエネルギーの赴くままでいて許されるなんて。当時の私にとってはあり得ない世界でした。それくらいわんぱくな女の子が叫び暴れる映画です。

ところがあんなにイラッとしたのに、翌日になって美恵子の表情があまりにもナチュラルだったことがやたらと気になりだして…

ここでオジーと歌うシーンが忘れられなかった(ロケ地:名護市久志)

ここでオジーと歌うシーンが忘れられなかった(ロケ地:名護市久志)

それでもう一度映画を見てみようとなり、そこからはもう、まんまと、見るたびごとに、『ホテル・ハイビスカス』の魅力にハマっていったのでした。

しかし沖縄の自然の中で好きなだけ暴れまわってエネルギーをいっぱい爆発させながら、はしゃいだり泣いたりできる素直な美恵子を見ていると、愛情に教科書は要らないんだぁとしみじみ思います。

何が正しい何が間違ってるとかいう、そんなものを飛び越えた愛情が全編に一貫して流れているように思います。

おかげさまでそれまで子ども大嫌いだったのに『ホテル・ハイビスカス』にハマって以来、子どもがかわいいと思えるようになりました。

ツッコミたくなる演出が隠し味

そして最後、ホテル・ハイビスカスの映像には、ところどころツッコミたくなるような演出が隠されています。それが隠し味になって、ほのぼのとした気分になります。

もっと言うとその演出のおかげで、登場人物のキャラクターが立体的に感じられます。

一つだけ、私が見つけてかなりツボった演出をどうしても言いたいので書きますが…。

キジムナー探しに無理矢理連れて行かれるガッパイくんのランニングシャツに、とある秘密が隠されています。ぜひ実際に観て探してください。

繰り返し観るたびにそういう細かい演出を発見するので、もう何回見ても飽きない作品。沖縄に興味がある人には、ぜひぜひおすすめしたい映画です。

『ホテル・ハイビスカス』ロケ地探訪記リスト

あまりにも『ホテル・ハイビスカス』にハマりすぎてロケ地めぐりをしています。映画を観た後の楽しみにどうぞ。

映画『ホテルハイビスカス』のロケ地に行ってきた【辺野古・久志編】

ホテルハイビスカスロケ地レポート【二見・大浦・瀬嵩・数久田編】

映画『ホテルハイビスカス』ロケ地めぐり【国頭村安波編】

映画『ホテルハイビスカス』ロケ地めぐり【名護市親川編】

ホテルハイビスカスロケ地めぐり【名護市宇茂佐編】

ホテル・ハイビスカスのパイン畑を探して

映画『ホテル・ハイビスカス』ロケ地-マブイを落としたフクギ並木

『ホテル・ハイビスカス』ロケ地-キジムナータンメーと出会った場所

メディア映画
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クイナがこけたをフォローする
沖縄旅行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました