沖縄本島の史跡めぐり-前編【読谷村・恩納村】

スポンサーリンク

沖縄滞在中に、丸一日を使って史跡めぐりを楽しみました。

この日訪れたのは、沖縄本島中部・北部の、読谷村と恩納村、うるま市の史跡5カ所です。その他、偶然見つけた絶景スポットなども含めて、その日一日を旅行記的に書いていきます。

※長くなったので記事を分けました。この記事は前編【読谷村・恩納村】です。

後編はこちら→沖縄本島の史跡めぐり-後編【うるま市】

読谷村の集落散歩

この滞在は読谷村に部屋を借りていたので、朝は読谷村集落の散歩から始まりました。

と書けば清々しいんですけど、実は座喜味グスクでラジオ体操をしようと出かけて、道に迷いました。アイエーナー

ひょっとして近道できるかも~というノリで、いつもと違う道を行ったのが大間違い。グスクの姿は見えているのに延々たどりつけず、あきらめて周辺集落の散策をして帰りました。

さすがは琉球の武将・護佐丸(ごさまる)が築城したグスクです。簡単に攻め込ませてはもらえなかったです。

座喜味グスク(座喜味城跡)は、沖縄にある世界遺産の一つでもありますね。有名な史跡です。写真は、後日再チャレンジした時の座喜味グスク。

沖縄本島の史跡めぐり(読谷村・座喜味グスク)
座喜味グスク

座喜味グスクの場所

沖縄県中頭郡読谷村座喜味708−6

尚巴志の墓

滞在先に戻って朝食をとったあと、読谷村伊良皆にある尚巴志(しょうはし)の墓へ。正確には尚巴志、尚忠(しょうちゅう)、尚思達(しょうしたつ)の墓です。

尚巴志とは、1406年に琉球王国を統一した人物。当時、三つの勢力に分かれていた琉球を、一つにまとめて(制覇して)、第一尚氏王統を築いた人物です。

そして尚忠は尚巴志の息子、尚思達は尚巴志の孫にあたる人物。尚巴志を継いで、国王となりました。

第一尚氏王統の時代、尚巴志の墓は首里城近くの天山陵にあったといわれています。でも、第一尚氏7代目のとき(1469年)に、クーデターによって政権が奪われます。その時に尚巴志の子孫たちが、お骨と位牌を伊良皆まで運んで隠したそうです。

本来隠されたお墓なので、周辺はうっそうと草木が生い茂っていて、野生の気配が怖いったらありゃしない。お墓まで続く小路の横には、川が流れていて、ジメジメ感すごい。ハブちゃん出てきそう(汗)ヒーン

沖縄本島の史跡めぐり(尚巴志の墓入り口/読谷村伊良皆)
この小路の奥に尚巴志の墓がある

尚巴志の墓は前からずーっと行きたくて、今までも2回ぐらいチャレンジしたことがあったんです。でもいつも突然雨が降ってきたり、なんだかうまくいかなくて断念していました。暗くてジメジメしている時にはさすがに入れない茂みです。

この日は、とてもいい天気で日差しも強かったので、えい!やー!の再々チャレンジでした。それでも大声で歌いながら足を踏み鳴らして、やっとたどり着いた感じです。(ハブちゃんに人の気配を気づいてもらわないと…。)

草木が生い茂る階段の先には、崖下に埋め込まれるように構える尚巴志の墓。

沖縄本島の史跡めぐり(尚巴志の墓/読谷村伊良皆)
茂みの奥に見える尚巴志の墓

なんなんでしょう。この迫力。威風堂々とした存在感。

沖縄本島の史跡めぐり(尚巴志の墓/読谷村伊良皆)
尚巴志の墓

もっと度胸をつけてまた行きたいなぁ。怖がってばかりいないで、強くなりたいなぁと思います。

いつもはお墓の前に立つと、『ここに来れました。ありがとうございます。また来ます。』と、ご挨拶するんですけど、尚巴志のお墓の前では、『そんなに来れないかもしれないですけど、よろしくお願いします。』みたいなご挨拶をしてしまった。

野生の恐怖にテンパってたんです。尚巴志に笑われてしまうさ…。でも行けてよかった。

 

比屋根の石畳道(国頭方西海道)

尚巴志の墓にごあいさつをした後、あんまりいい天気だったので、天気のいい日に一度歩いてみたかった恩納村仲泊にある比屋根の石畳道を目指しました。

恩納村仲泊の、国道58号線沿いにある「おんな道の駅」近くに、仲泊遺跡があるのですが、その入り口辺りから、山に入っていける道があるんです。

この道は、琉球王国時代につくられた宿道(すくみち)の一つで、首里城から名護を結ぶ、国頭方西海道(くにがみほうせいかいどう)の一部だそうです。

沖縄本島の史跡めぐり(比屋根の石畳道/恩納村仲泊)
比屋根の石畳道(国頭方西街道)

石畳でできた階段と坂道を登ると、小高い丘の上に出ます。そこから見える景色がなんと綺麗なこと。

 沖縄本島の史跡めぐり(国頭方西海道からの絶景/恩納村仲泊)
ルネッサーンス!な絶景

国道58号線と、ホテル・ルネッサンスリゾートオキナワをこの場所から見渡すと、なんかリゾート~って感じです。

国頭方西海道は、一度ゆっくり時間をかけて歩いてみたいんですよね。けっこうな山登りになりそうなので、季節や天気を選ばないといけないなと思って、なかなか行けずにいます。

車はどこに置いたらいいんだろうとか。でもルネッサンスリゾートに泊まれば、日を分けて行けるかもしれないですね。

比屋根の石畳道の場所

沖縄県国頭郡恩納村仲泊比屋根原2345

後編に続く→沖縄本島の史跡めぐり-後編【うるま市】

【追記】この滞在中の体験記事一覧

沖縄のウィークリーマンションを探す方法

沖縄旅行でウィークリーマンションに泊まるときは初日が大切

沖縄で10日間プチ移住体験してきました

旅先でやらかした風邪対策の失敗談

沖縄本島の史跡めぐり-後編【うるま市】

映画『ホテルハイビスカス』のロケ地に行ってきた【辺野古・久志編】

ホテルハイビスカスロケ地レポート【二見・大浦・瀬嵩・数久田編】

沖縄の長期滞在で気づいた調味料やキッチン・生活用品のあれこれ

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください