ブラタモリ沖縄ロケ地マップ-那覇編

スポンサーリンク

2016年3月5日放送のブラタモリは沖縄の那覇周辺でした。番組のお題は『那覇は2つある!?』。

オールド那覇とニュー那覇を解明したブラタモリ沖縄-那覇編のロケ地をリストアップしました。ロケ地マップも作りましたよ。

ブラタモリ那覇編は番組内容がかなり濃厚だったし、いろんな場所でロケをしていました。

なのでロケ地ごとに地図を載せたんですが、その分ページがめっちゃ重たくなってしまいました。ごめんなさい。

首里編はこちら→ブラタモリ沖縄ロケ地マップ-首里編

那覇編のスタートは国際通り

ブラタモリ沖縄-那覇編のスタートは国際通りから。

国際通りは沖縄に行ったことがあるなら一度は訪れたことがあると思います。国際通り沿い、てんぶす那覇の前でロケをしていたようです。

ブラタモリ沖縄-那覇編のオープニングシーンロケ地
参考画像:てんぶす那覇前の広場にて

twitterで流れていたてんぶす那覇での目撃情報は那覇編のオープニングのシーンを撮っていたんですね。

てんぶす那覇の場所

オールド那覇の痕跡「波の上ビーチ」

オールド那覇の痕跡を探しに、まず最初に行ったのは波の上ビーチでした。波で侵食された部分(ノッチ)がある岩は波の上ビーチの端にあります。

きのこ岩と那覇の雑学

番組でオールド那覇と言っていた那覇の若狭地域には、根元が波で侵食されたいわゆる『きのこ岩』が、その昔たくさんあったそうです。

沖縄(琉球)の言葉では「きのこ」のことを「ナハ」とよぶそうです。那覇という地名はきのこ岩が由来だという説もあるらしいですよ。

波の上ビーチの場所

波上宮

次にタモリさん達が訪れた波上宮(なみのうえぐう)は、波の上ビーチのキノコ岩の上にある神社です。

ブラタモリ沖縄-那覇編ロケ地「波上宮(なみのうえぐう)」
波上宮(なみのうえぐう)

本殿の裏側に御嶽(うたき)がありましたね。御嶽がある場所は一般公開されていないんだそうです。

波上宮の場所

 

天尊廟・天妃宮

天尊廟(てんそんびょう)天妃宮(てんぴぐう)がある場所は、波上宮のすぐ近くです。

現在の那覇市久米や若狭地区周辺が、その昔中国からやってきた人たちが住んでいた久米村だったと思われます。

※追記:天尊廟は番組撮影後に移転したみたいです。マップは番組内で映っていた赤門がある場所を表示しています。現在の天尊廟は福州園の近くに復元されていると思われますが…。今度確認してきますね。

琉球は元々交易が盛んで交易によって発展してきた国なので、中国や大和(日本)を含め周辺諸国からやって来て移住した人たちはたくさんいたはず。

でも今回のブラタモリに出てきた久米村の人たちは、明国から派遣されてやってきた、いわゆるオフィシャルで琉球に移住した人たちのことなんだと思います。たぶん。

久米村と首里をつないだ長虹堤

長虹堤(ちょうこうてい)!出ましたね~。タモリさん長虹堤を歩いていましたね。

タモリさんたちが見つけた怪しい茂みは、大昔島だった場所です。

ブラタモリ沖縄-那覇編で歩いていた長虹堤の名残り
緑のこんもりしたところが島だった場所

こういう小さな島を経由して長虹堤が整備されたというお話しでした。

怪しい茂み(島)の場所

そこから美栄橋駅方面に歩いて、美栄橋駅のすぐ近くで長虹堤のなごりでできた段差を見つけていましたね。その段の上の道を少し進むともう一つの島が見えてきます。

ブラタモリ沖縄-那覇編長虹堤の名残でできた段差
長虹堤の名残でできた段差

いいなぁ。長虹堤に沿って1km歩いてみたい。

長虹堤があったとされる場所は、この記事の最後のロケ地マップまとめに書き込みました。長虹堤を歩くときは参考にしてくださいね。

御物城

琉球王国時代に貿易品を管理していた倉庫、御物城(おものぐすく)

米軍基地の中でしたね。過去記事でも書いたけど、モノレールから見えます。奥武山公園の近所ですね。

過去の記事→ブラタモリin沖縄の放送内容が解禁されましたね

御物城の場所

ニュー那覇の始まり「壺屋」

番組ではオールド那覇から、なぜニュー那覇へ移動したのかについて調べるために、ニュー那覇の始まりの場所、那覇市壺屋へ移動していました。

タモリさんたちは壺屋大通り(壺屋やちむん通り)の東端にある、東ヌカー(あがりぬかー)付近から牧志方面に向かって歩いていましたよ。

ブラタモリ沖縄-那覇編の壺屋やちむん通り東ヌカー
壺屋やちむん通りの東ヌカー

東ヌカーの場所

それから壺屋の登り窯へ。

ブラタモリ沖縄-那覇編のロケ地壺屋の登り窯
壺屋の登り窯

壺屋登り窯の場所

戦後の闇市から公設市場へ

戦後、被害の少なかった壺屋地域で自分たちの食器を作ったり新たな産業を興すにつれて、生活に必要な物や食料を売る人たちが壺屋の近くに集まって闇市ができました。そこから、時代とともに公設市場へと発展したんですね。

タモリさん達は壺屋大通りを抜けて平和通り商店街に向かっていました。

商店街の中で見つけた不自然な段差(傾斜)は平和通り商店街の真ん中あたり、花笠食堂の前でした。

その後、花笠食堂前の角からむつみ橋通りに入って国際通りまで出てきます。

途中お話しを聞いた洲鎌商店さんは、ガーブ川の土手にバラック小屋を建てていた時代からここで商売をされている傘屋さんです。

ブラタモリ那覇編のラストはガーブ川

タモリさんが最後に見に行ったガーブ川が見える橋は、農連市場の近くにある橋でした。

ちなみに農連市場はNHKの朝ドラ『ちゅらさん』で、えりーのお母さん(勝子さん)が働いていたところです。

ガーブ川が見える場所

沖縄の歴史と戦争の話

実は私はまだ、沖縄が巻き込まれた戦争の話を直視できずにいます。でもいつの日か向き合う時は来ると思っていて、そのタイミングを計っているところでもあるんです。

それはやはり、あまりに残酷すぎる歴史なので、いきなり直視してしまうと自分が保てなくなりそうな気がするから。それと私自身の、話し手の感情までも背負ってしまう性格も理由の一つです。

でも今回番組で案内役をされていた那覇市歴史博物館の古塚さんは、戦後の悲しい話も穏やかにそして的確に相手に伝えて、理解を導くような話し方をされていたなぁと。見ていて思いました。歴史のプロなんだなぁと。

そういう人たちの話を聞きながら、少しずつ戦争と向き合っていく方法もあるんだと知りました。

おまけ

さて、ブラタモリ沖縄-那覇編はものすごく濃い内容でした。琉球王国時代の初めから戦後の話まで盛りだくさんでしたね。

最後に本編からちょっと外れたおまけの情報をいくつか。

そば屋さん

まず、エンディングで写っていたそば屋さんは、もしかしたら御物城があった那覇軍港の近くの那覇亭なんじゃないかと思います。

那覇亭の詳細【ぐるなび】

でも間違っていたらごめんなさい。

岩合さんのものまね

それからおまけのシーンで、タモリさんが岩合さんに扮して猫ちゃんに話しかけていた場所はカフェ南窯(ふぇーぬかま)のところでした。

南窯(ふぇーぬかま)の詳細【食べログ】

ブラタモリ沖縄-那覇編で猫ちゃんに話しかけていた
看板の上で寝てた猫ちゃん

ロケ地マップまとめ

ブラタモリ沖縄のガイドブック

【2016/10/05追記】ブラタモリでタモリさん達が訪れた場所を収録したガイドブックが発売されているようです。

2015年4月の放送分から順次発売されているようで、ブラタモリ沖縄編が載っているガイドブックは2016年12月16日に発売予定。

タイトルは『ブラタモリ 6 松山・沖縄・熊本』だそうです。

すでに発売されている『ブラタモリ 1 長崎 金沢 鎌倉』の口コミを見ていたら、放送されていないエピソードも含まれているとかで、なかなかの高評価。これは楽しみです。

【2017/02/06追記】現在発売中です。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください