久茂地で見つけた旅行客も居心地良く何せうまい『海鮮居酒屋 久茂地』

スポンサーリンク

那覇で1泊したときに、偶然見つけた海鮮居酒屋 久茂地
割烹を思わせるうまい料理と、旅行客の私たちにも居心地のいい、ナイスな居酒屋でした。

期待が膨らむたたずまい

海鮮居酒屋 久茂地は、ゆいレール県庁前駅から北東へ、徒歩5分のところにあります。

那覇市久茂地『海鮮居酒屋 久茂地』

私たちは何のリサーチもなしに、店構えと表に出ていたお品書きだけを見て飛び込みました。

お店に入ると地元のお客さんで半分ぐらい席が埋まっています。なんだか大正解の予感。店内は、内地なら渋い演歌が聞こえてきそうな、肴は炙った烏賊でよさそうな、しっぽりした雰囲気。

座席はカウンター席、テーブル席と、店の奥には座敷があるようです。

もしかしてこの味…

突き出しは、魚のうちなー天ぷらをだしに浸した揚げ出し風の小鉢でした。

一口食べた時に、あれ?と思いました。だしの風味が関西の割烹っぽい。にごりのないかつおの香りと、それを邪魔しない程度の醤油加減。

全国各地にだしの個性があって、それぞれ甲乙つかないものですが、沖縄で関西風のだしの香りを味わうなんてまさかの驚き。うまい。

オリオンビールで乾杯したら、さっそく刺身盛り合わせをいただきます。

海鮮居酒屋 久茂地-刺身盛り合わせ
刺身盛り合わせ

刺身は全て沖縄産のマグロ、セーイカ、ミーバイ。私たちが旅行客とわかってチョイスしてくれたのでしょうか。新鮮で甘いお刺身はしあわせ。

何かお腹にたまるものをと注文したヒラヤーチ。沖縄風のチヂミみたいな粉モノですが、油は控えめでビールが進みます。小皿にウスターソースを添えて出してくれました。

そして、このお店の一番の思い出が、魚のマース煮。

海鮮居酒屋 久茂地-マース煮
マース煮

このマース煮のだしがやっぱりうまい。

白身魚の香りを消さない控えめなかつおだしに、白身魚のうまみをひき立てる塩加減。それから、身がほろりとほどける絶妙な炊き具合。少し散らした柚皮がちょうどいいアクセントで上品です。添えられた島豆腐で舌をリセットしながらいつまでも食べられます。

うまいうまいと大騒ぎしながらいただきました。魚は確か…なんとかマチ。忘れたけど沖縄近海魚だそうです。

前々から一度食べてみたいと思っていたマース煮でしたが、初マース煮がこのお店でよかった。

居心地のいい居酒屋の共通点

さて、どこの街でも感じることなのですが、一見でも入りやすくて居心地のいい居酒屋には共通点がある気がします。

それは常連さん同士がちょうどいい距離感を保っていること。

他のお客さんに対して常連さんたちが一切かまわない。顔なじみにはちょっと会釈する程度で、皆がその店の大将を通して楽しんでいるお店は、のれんをくぐった瞬間に、その先に過ごす時間と料理への期待が膨らみます。

逆に言えば、のれんをくぐった瞬間に、店内の常連さんが一斉にこちらを注目するお店に入ってしまったときは、あー失敗したと思います。

そういった常連さんの質は、その店の大将や女将さんの人柄と手腕を反映するものだと思います。

常連さんも一見さんも、それぞれが自分たちの時間を楽しめる居酒屋は、地元の人たちから長く愛される居心地のいい居酒屋なんじゃないかと思うのです。

そういう居心地の良さが、海鮮居酒屋 久茂地にはあったような気がします。

海鮮居酒屋久茂地のマップや店内写真など【食べログ】

応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください