簡単に手作りできる虫除けスプレーは沖縄でも大活躍でした

スポンサーリンク

先日沖縄へ持って行って大活躍したのが、自分で手作りした虫除けスプレー。超簡単に作れるし材料もお手ごろなので、気軽にたくさん使えます。

虫除けスプレーの素

虫除けスプレーはハッカ油をベースに作ります。

手作り虫除けスプレーのベースハッカ油
ハッカ油

ハッカってミントの一種だそうですけど、香りはフレッシュミントというより、フリスク寄りでした。それにはちょっとびっくりでしたが、慣れると爽やかで癒される香りです。

このミントの香りが虫たちにはとても嫌な香りなんだそうです。

虫除けスプレーの材料と作り方

材料

  • ハッカ油
  • 無水エタノール(我が家は消毒用エタノール)
虫除けスプレーの材料
虫除けスプレーの材料

作り方

スプレーボトルにエタノールを10ml(小さじ2杯)入れて、ハッカ油を10滴程垂らしたら、水を90ml足してジャバジャバ振ったら出来上がり。ちょー簡単♪

材料と作り方は健栄製薬のハッカ油公式サイトを参考にしています。健栄製薬のサイトには無水エタノールって書いてるんですけど、たまたま自宅に消毒用エタノールがあったので我が家はそれで代用しています。(→【健栄製薬】虫除けスプレーの作り方

ハッカ油はイオンの薬局で600円もしなかったと思います。無水エタノールはネットで調べたら500ml入りが1000円ほどでした。500mlもあったら虫除けスプレー5リットル作れる(@ ̄□ ̄@;)!!(計算合ってるよね…?)

こんなタイミングの蚊対策に

この虫除けスプレー、私の肌には直接スプレーしても大丈夫でした。みなさんのお肌に合うかどうかは、事前にテストしてくださいね。

肌に直接スプレーしても、薬剤を塗ってる感じとか、ベタベタ感が全く無いんです。少しひんやりしてすぐにサラッとするから、むしろ心地いいぐらいです。

だからお風呂上がりの蚊対策にはぴったりなんですよね。お風呂上がりにちょっと散歩に出る時や、ベランダでビールでも1杯っていうときにめちゃくちゃ活用しました。

特に沖縄では真冬でも蚊が出るので、季節を問わず役立ちます。

画期的?!な使い方を発見

こないだ沖縄へこのスプレーを持って行ったときに、画期的な使い方に気づきました。

沖縄だけじゃなく大阪の自宅でもそうなんですが、玄関前やベランダに飛ぶ系の虫がスタンバってることがあるんですよね。この季節だとベース型のくさい虫とか…。

今から私そこ通るのにー!と思うけど、下手に刺激してこっちに飛んできたらどうしよう…っていうあのシチュエーションです。

そんなときに、まず自分の周りにスプレーしてから、徐々に虫がいる方へスプレーしていくと、パニクった虫に突進されることなく追い払うことができるんです。

自分の周りに先にスプレーしておくことで、リアル空間バーリア!が張れるわけです。すごいだろー!

この使い方に気が付いてから、私はこの虫除けスプレーのことを『聖水』と呼ぶようになりました。

ゆうしゃはせいすいをふりまいた

またくだらん画像を作ってしまった…。しかもうろ覚え。

ハッカ油は揮発性が高いらしくて、虫除け効果はあまり長持ちしないそうです。

でも少しの材料でたくさん作れるので、何度でも気兼ねなくスプレーし直して使ってますよ。みなさんもぜひお試しあれ~。

応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください