キッチン付きホテル「恩納マリンビューパレス」についてあれこれ

恩納村前兼久にあるキッチン付きホテル「恩納マリンビューパレス」。最近ホテル名に「かねひで」が加わりましたが、特に運営会社が変わったわけではないようです。

私たちは「かねひで」が付く前のころ、足繁く恩納マリンビューパレスに宿泊していました。と過去形なのは、私たちの自炊旅行がエスカレートするにつれ、キッチン設備が充実しているホテルを選ぶようになったからです。

でも恩納マリンビューパレスに簡易キッチンがあったから沖縄で自炊をするようになったし、欲のなかった自炊初期は簡易キッチンでもそこそこ料理ができました。

そういう意味でも恩納マリンビューパレスは私たちの原点のようなホテルで、また泊まりたいなぁ。といつも思い出すホテルです。(原点はちょっと違うか。いったい何者に成長したというのか。)

いつもチェックインするたびに、ただいまー。という気分になれる「恩納マリンビューパレス」の今と昔を見比べながらレポートします。

恩納マリンビューパレスの詳細【楽天トラベル】

スポンサーリンク

恩納マリンビューパレスの和洋室は広い

私たちが恩納マリンビューパレスでいつも泊まっていたのはオーシャンビューの和洋室でした。

よく利用していたのに写真を撮っていないんですが、調べた感じ今も昔も室内の様子は変わっていないように思います。

(写真はじゃらんからお借りしました。クリックするとホテル詳細ページにリンクしています。)

オーシャンビューの和洋室はけっこう広くて、だいたい40平米。夫婦2人でも窮屈にならない広さです。

部屋が広いし畳のエリアがあるので子ども連れにちょうどいい。と友達が言っていました。

室内設備は簡易キッチンと、浴槽+シャワー+トイレのユニットバス。それから、独立洗面台もあったと思います。洗濯機が室内にはなくて1階のコインランドリーに洗濯機&乾燥機があります。

恩納マリンビューパレスの写真いろいろ【じゃらん】

あと玄関には下駄箱とクローゼット。

そうそう、恩納マリンビューパレスはコンドミニアムホテルで、一室一室がマンションみたいな造りなんです。だから各部屋の扉の前は外廊下です。

キッチンは小さいがまぁなんとかなる

そして私たちの自炊旅行の原点となった簡易キッチンは本当にミニサイズ。

(写真はじゃらんからお借りしました。クリックするとホテル詳細ページにリンクしています。)

コンロは電熱式だし冷蔵庫は正方形タイプ。電子レンジもありません。だけどここで5泊6日自炊していました。

以前、ほぼほぼ恩納マリンビューパレスで作った料理をまとめて記事にしたので参考にしてください。

まとめ記事→沖縄のコンドミニアムやホテルで自炊した料理

料理道具は借りると1泊2200円(2021年6月時点)。

クッキングセットの内容【楽天トラベル】

借りた方がめっちゃ楽できると思いますが、私たちは借りたことがありません。果物ナイフや小さなまな板、取っ手が取れる小さいフライパンをケタケタ笑いながら持参していました。なんかフライパン持っていくのが当時はやたら面白かったんです。

関連記事→完全自炊(晩ご飯)の沖縄旅行をする時の持ち物

多少の不自由はあったけど、この設備だと凝った料理とか無理ができないので逆に楽しめていた気がします。滞在期間も短かったし。

口コミを見ていて気になったこと

ところで、恩納マリンビューパレスの口コミを見ていると、建物が古いとか掃除が粗いというようなコメントがありました。

恩納マリンビューパレスの口コミ【楽天トラベル】

調べてみると建物は1990年の建築だそうで、1990年といえばバブル時代の終盤といったところでしょうか。

ホテル概要【公式サイト】

やはりあの時代の建物はお金がかかっているので、建物自体に個性があったり部屋の造りがそれぞれ少し違ったりするのが私は好きです。最近のホテルは一律でシュッとしすぎて物足りないというか…

(写真はじゃらんからお借りしました。クリックするとホテル詳細ページにリンクしています。)

だから古さを趣として楽しめる人には、なんか懐かしい気がして落ち着くホテルだと思います。

それから、掃除が荒い部屋に私たちは当たったことがなくて、むしろ、さすがホテルクオリティ。毎日掃除してもらえるの素敵。と思っていました。

だけどそう書いている人がいるということはそういうこともあったんでしょうね。これはまた偵察に行かないと…。

少なくとも5回は宿泊しましたが、不潔で気持ち悪かったことはありませんでした。

あとポーターさんはいないので、荷物はいつもエントランスにある台車を借りて自分たちで運んでいました。そっちの方が気楽なタイプです。

オーシャンビュールームからの景色は最高

さて、「恩納マリンビューパレス」にはオーシャンビュールームとグリーンビュールームがあります。

グリーンビュールームは若干価格が抑えられますが、私はぜひぜひオーシャンビュールームをおすすめします。

海からの距離といい、手前に広がるリゾートと生活が隣り合わせの沖縄らしい風景といい、この景色は恩納マリンビューパレスからでないと見らません

恩納マリンビューパレスのオーシャンビュールームからの景色は特別

オーシャンビュールームでみた夕焼け(2015年12月撮影)

私はこの景色が見たくて足繁く泊まっていたようなもの。(部屋も好きだけど。)

広いベランダでこの景色を見ながらちょっと一杯。最高の時間です。

関連記事→恩納マリンビューパレスからの眺望【月別の夕日写真】

なのでホテルを予約するときはオーシャンビュールームのプランかどうかしっかり確認した方がいいです。パッケージツアーやセールプランを見ていたら基本設定がグリーンビュールームだったことがありました。

恩納マリンビューパレスの立地は観光に最適

最後にホテルの立地について。

恩納マリンビューパレスの立地は観光旅行には最適な立地です。

高速道路の出入口まで10分とかからないので、那覇空港からのアクセスするにも「美ら海水族館」などがある北部観光をするにもめちゃめちゃ便利。

そして一般道で勝連半島方面、海中道路や浜比嘉島へ行くにもめっちゃ便利。

徒歩圏内にスーパーがないのは玉にキズですが、もし食材など買い出しに行くなら車で10分程度でうるま市石川という街に出られます。そこに行けばマックスバリュー、かねひで、サンエーなどスーパーが密集しているので、たいていの物は揃います。

ただ、沖縄の道は必ず渋滞します。なので遠出をするとか例えば船に乗るときなど気をつけてください。あまり無理せず時間も多めに見積もっておくのが吉です。

さて、そんなこんなで昔の写真を見ていたら懐かしくてたまらなくなりました。またあの夕日が見たいなぁ。

近々折を見て泊まりに行こうと思います。その時には室内写真忘れずに撮ってこないと…。

キッチン付きホテルホテル自炊旅行
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クイナがこけたをフォローする
沖縄旅行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました