沖縄首里の玉陵(たまうどぅん)にまつわる歴史物語

スポンサーリンク

玉陵(たまうどぅん)は首里城の近く首里金城町にある王族の墓。先日書いた記事一人旅にもおすすめ-沖縄で見つけた気持ちをリセットできる場所の中の一つですが、ここにまつわる歴史物語を今日は紹介しますね。

この玉陵が造られたのは1501年、琉球王国時代の第二尚氏王統と呼ばれる政権のときです。
それで、玉陵を造った王は尚真(しょうしん)っていう王様ですが、尚真王のお母様・宇喜也嘉(うきやか)はすごい権力を握っていた上に、血統に関してものすごくシビアな人だったそうです。

宇喜也嘉(うきやか)の陰謀?!

京の内方面から見える首里城正殿

尚真王の父・尚円(しょうえん)王が亡くなったとき、彼はまだ13歳で子どもでした。なので大きくなるまで尚真の叔父さんが代わりに王さましておこうねっていう話だったそうです。

それで実際に半年間叔父さんは尚宣威(しょうせんい)王として王座に就いていました。

ですが琉球王国には儀式があって、その儀式で新しい王は琉球の神さまにおめでとうと言われてはじめて正式に即位したことになるそうです。

その儀式は王府の神女たちが、神さまからことづかった祝福の歌を王さまに向かって歌うのですが、儀式当日、いよいよ尚宣威王が祝福されるぞっていうときに、神女たちは尚宣威王にお尻向けちゃったんですよね。で、
「神さまは尚真おめでとうって言うてます~」
って歌ったそうです。

それを素直に受け止めてしまった尚宣威王は
「そうなんや。自分は王様になったらあかんかったんや…」
と落ち込んで、王位を幼い尚真に譲って首里から出て行ってしまったそうです。そしてそのあとすぐに病気で死んでしまいます。

その前代未聞の儀式で
「神さまは尚真おめでとうって言うてます~」
って歌った神女たちを束ねていたのが、尚真王のお母様・宇喜也嘉(うきやか)でした。だからこの出来事は宇喜也嘉の陰謀なんじゃないかという説が、最近では語られています。

玉陵にまつわるドラマ

玉陵

宇喜也嘉は尚宣威王の血筋の人を徹底的にしめ出そうとしたようで、王族の墓・玉陵を造るときに、ここにに葬られる”資格”のある者を書き出して、『”資格”のない奴をこの墓に葬った者は子々孫々まで呪われるぞ!』的な一文まで添えさせたといわれています。

ですが、尚真王の次の代・尚清(しょうせい)王は即位してすぐに、宇喜也嘉によって首里から追い出された自分のお兄様のお墓を玉陵に移させているそうです。この追い出されたお兄様も、尚宣威王の血筋の人だったからなのか、長男だったのに跡継ぎから外されて、玉陵に葬られる”資格”を与えられてなかった人でした。

尚清王は宇喜也嘉の孫でしたが『子々孫々まで呪われるぞ!』的な掟を速攻無視してお兄様を敬ったということですよね。

ちなみに、もっとドラマチックな説を書いている人もいて、宇喜也嘉が亡くなった時、すでに大人になっていた尚真王は宇喜也嘉を玉陵には葬らなかったという話も読んだことがあります。

もうひとつあった玉陵にまつわるドラマ

尚清王の速攻無視以来、玉陵には第二尚氏王統の王族が葬られているのですが、その中で一人だけ、王だったのにみずから玉陵に入らなかった人がいたそうです。

それが尚寧(しょうねい)王。

その理由は諸説ありますが、尚寧王の時に薩摩軍の侵略があって、琉球王国は主権を失ってしまいました。だから、先代の王に顔向けができないと言って、自分は他の墓に葬るようにと言い遺したそうです。

系図を見てみると、皮肉なことに尚寧王は、宇喜也嘉が首里から追い出した血筋の子孫なんですよね。これは超超個人的な空想の話ですが、宇喜也嘉はひょっとして本当に将来を占っていたってこともありえなくもないのかなぁ…。と思ったりもして…。

というのは脚色し過ぎですが、もし万が一そうだったとしても尚寧王も尚宣威王の血筋の人にも何の罪もない話です。

私たちもドラマをつくりながら生きている

玉陵にまつわる人の話は、歴史に名を残すような人たちのストーリーだけど、自分では選べない環境や自分の意志とはまったく反した力に翻弄されることって、今の私たちにも多かれ少なかれ必ずありますよね。

ついついしんどくなって、そこで諦めちゃったり自分の気持ちに目をつぶってしまいがちですが、玉陵にまつわるドラマに登場する人たちは、どういう環境の中にあっても、それぞれがタイミングを見計らいながら自分を貫いたんだなぁと思います。

”事実は小説よりも奇なり”とか言うけど、俯瞰してみれば私たちの人生もドラマみたいなものなんでしょうね。自分で人生の脚本が書けるとしたらどんな風に書こうかな。とか…

玉陵にまつわる人たちの人間模様とか、生き方とか、そこに漂う気みたいなものを感じながら、ボーっと座ってると、何かに迷ったり、わからなくなったら、またここに来よう。って思えるような、不思議でステキな場所。
それが玉陵なわけです。

応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください