沖縄でレンタカーを安く借りる方法と格安レンタカーのデメリット

スポンサーリンク

沖縄旅行でレンタカーを予約する人は多いと思いますが、夫婦とかふたり旅など少人数の沖縄旅行におすすめの安く借りる方法と、格安レンタカーを実際に借りてみて感じたデメリットをまとめます。

沖縄でレンタカーを安く借りる方法

レンタカー付き沖縄ツアーの盲点

沖縄旅行のツアーにはレンタカー付きのプランもあって、それを予約してしまえば飛行機もホテルもレンタカーも一括で予約できるので、いろいろな手間が省けて便利ですよね。

でも実は、レンタカー付きのプランでも免責補償は現地で別途支払いになる場合が多いんです。だいたい一日あたり1600円ぐらいを日数分、ツアー代金とは別に支払いが必要です。

私たちはレンタカーの保険は絶対加入派ですが、日数分の免責補償とレンタカーの基本代金を全部込み込みで料金を比較してみると、レンタカーは個人で手配した方が、値段をおさえられる場合があるんです。

だから私たちはいつも、免責補償込みの値段をレンタカー比較サイトで検索して個人で予約手配しています。

小人数旅行におすすめの選択肢

沖縄でレンタカーを安く借りる方法と格安レンタカーのデメリット

レンタカーを個人で手配するときに、少人数の旅行なら絶対におすすめな選択肢があります。

それは、軽自動車を予約するという選択肢です。

実は少人数の旅行の場合、沖縄ではコンパクトカーでも大きく感じるときがあります。

というのは、沖縄の集落内や海岸へ続く道は、かなり細い道が多いんです。道が細いわりに沖縄は車社会なので、バンバン対向車に出会いますし、駐車場も混雑しています。対向車とすれ違う時や、知らない道で迷って引き返すときにも、軽自動車の方が小回りが利いて便利なんですよね。

それに、軽自動車ならコンパクトカーよりも基本料金は安くなるし、ガソリン代も節約できるし、高速料金も安くなる。軽自動車バンザイ♪

レンタカーの最安値を検索する

関西育ちの私はいつも、レンタカーの比較サイトをさらに比較して最安値を探します(笑)。
最近はたくさん比較サイトがあるので選べるのが嬉しいですね。いくつかピックアップしましょうね。

いい感じで競り合っているレンタカー比較サイト

たびらいレンタカー予約
じゃらんレンタカー
レンナビ
skyticketレンタカー
楽天トラベルレンタカー

じゃらんレンタカー楽天トラベルレンタカーから予約をすれば、いろんなジャンルの買い物に使えるリクルートポイントとか楽天ポイントを貯めたり利用したりできます。

その他のサイトでもJALマイルがもらえるレンタカー屋さんを見つけられたりするので、心ゆくまで比較してみてください。

ちなみに免責補償込みで比較できるサイトはたびらいレンタカー予約 skyticketレンタカー だったかな。

格安レンタカーのデメリット

最低価格にこだわってあまりにも格安なレンタカーを予約すると、たまにちょっと困ることもあります。さすがに安全運転に差し障りを感じたことはないですよ。でもちょっとだけ気になったことをいくつか。

真夏はちょっとツライかも

真夏の沖縄ではツラいかもと思ったのは、エアコンの効きが弱かったことでした。

炎天下に駐車した後は、エンジンをかけてから車内が冷えるまでけっこう時間がかかりましたね。それと西日が車内に射しこむ時間帯は、窓を閉め切っていても汗が出てくることがありました。

真夏や残暑の時期以外なら問題ないんですけどね。

後ろに渋滞が

峠を越したり山奥に入っていくような坂道では、スピードが出ませんでした。

長い上りが続く坂道では、後ろが渋滞しそうな気がして追い越してもらいました。エアコンを入れて上り坂を走るときは車がかわいそうな感じがします。

結局損か?得か?

今までたくさんの格安レンタカーにお世話になっていますが、その中で1度だけ、めっちゃ燃費の悪い車に乗ったことがあります。

そのレンタカーは、ちょっと申し訳ないぐらい、お店の儲けを計算してしまうぐらいに、超激安で予約できたのですが、借りている間に何度も給油した気がします。

そのときはまだ暑い時期で、エアコンを常に使っていたからかもしれないし、移動距離とか走る道によって違うとは思うのですが、何回も給油しているうちに果たしてこれは得してるのか?損してるのか?とふと思った記憶があります。

その辺の詳しいことを私は全くわからないのですが、おそらくかなり古い型式の車だったんじゃないかなと思います。最近はまたガソリンが高いので、見極められるのならば、ぜひ視野に入れておいた方がいいですね。

オプションなんだけど

これはオプションだし、最近はたいてい無料で付いているのでしょうがないんですけど、カーナビの情報が古いです。特別困ってしまったことはなかったですが、ナビ上で道なき道を走っていることはたびたび。

でもスマホやタブレットを持っているなら、Googleマップなどでフォローできるので大丈夫かな。

値段とは関係ないかもだけど

もしかしたら値段とは関係ないかもしれないですが、カップホルダーの位置が不便だったり、数が少なかったりします。

それから雨よけ?(サイドバイザーというらしい)が付いていない車もありました。雨の日に窓を開けたらジャバジャバ雨が入ってきます。

気になるところは人それぞれだと思うけど、比較するときのポイントとして参考にしてくださいね。少しの追加料金でアップグレードできることもあると思うので。
それに、前もって知っていれば平気なこともありますしね~。

いい感じで競り合っているレンタカー比較サイト一覧

免責補償料・税込で比較できるサイト
たびらいレンタカー予約
レンナビ
skyticketレンタカー
ポイントを貯めたり利用したりできる比較サイト
じゃらんレンタカー
楽天トラベルレンタカー

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください