昼「あやぐ食堂」夜「金燕楼」那覇でテイクアウト三昧の日【14日間滞在2日目】

2022年5月12日。沖縄14日間滞在2日目、那覇で2泊目の旅行記です。

午前中は首里城で遊び、昼は首里の食堂でテイクアウト。そして午後はオーシャンビューホテルで夕日を眺めて乾杯するためだけに奔走した日。

おかげで那覇の居酒屋でテイクアウトしたおいしいメニューとクラフトビールを揃えることができて、とても贅沢な一日でした。

あ、夕日のことはあまり聞かないで…。

(初日の記事はこちら→午後発で沖縄へ「那覇ビーチサイドホテル」にチェックイン【14日間滞在初日】

(この旅行のダイジェスト&体験記事一覧→2022年5月久々に観光を楽しんだ沖縄14日間(晴れた日に限る)

スポンサーリンク

土砂降りのち日焼けした午前中

午前中は首里城見学一択でした。だってそのために那覇2泊取ったんだもの。

出かける間際にダーと降り出した雨も、

梅雨時の洗礼-出発時刻の雨(2022年5月那覇にて)

なぜ今だ

首里城見学終盤には青空が増えてきて暑いくらいに。

首里城公園西のアザナから(2022年5月)

青空ー!(首里城公園西のアザナ)

一応日焼け止めを塗っていたけど手首から先が真っ赤に焼けました。アルコール消毒するから手は焼けますね。

ちなみに首里城見学の様子は長くなるので別記事に書きました。

別記事→復元工事中の首里城見学-見どころ満載で2時間以上遊んでしまった

12時までみっちり首里城で遊んで、さぁお昼ご飯です。

首里「あやぐ食堂」テイクアウトの大盛り弁当

首里といえば…、思い出したのが「あやぐ食堂」。以前沖縄タイムスの『運転手メシ』で“食堂界の「沖縄代表」”と紹介されていたお店です。

今日もがっつり!運転手メシ(221)那覇市のあやぐ食堂でまぐろのあんかけ定食を食べたの巻【沖縄タイムス】

しかもご時世関係なく食堂のメニューを弁当にしてお持ち帰りできるお店だったようです。これはありがたい。

あやぐ食堂でテイクアウト(首里久場川)

看板に持帰弁当の文字

私が注文したのはソーキケチャップ煮。夫はマグロあんかけ定食。

あやぐ食堂のソーキケチャップ煮をテイクアウト

ソーキケチャップ煮

なんですけど、ちょっとこれ見て!フタが閉まらないくらい大盛りの弁当。

あやぐ食堂の弁当はフタが閉まらないほど大盛り

フタが浮いておる(photo by 夫)

どうりで、お弁当を受け取ってお店から出て来た夫がずーっと、重たい重たい。とつぶやいていたわけだ。

だけどご飯もおかずも熱々。ソーキはホロホロトロトロ。とってもおいしい。

夢中になって食べ、途中からムキになって食べ、なんとかご飯とおかずを完食。お野菜を少し残してしまったのが悔しかったです。

あやぐ食堂の詳細【食べログ】

首里崎山町「崎山公園」で腹ごなしの絶景

不安なくらい満腹になったので、腹ごなしに首里崎山町の「崎山公園」で軽く散歩。

この公園は最近首里に来ると必ず来ている気がします。

なんてったってここから那覇を見渡す景色が素晴らしい。

首里崎山町の「崎山公園」展望台から

雲多いな

そして反対側は「瑞泉酒造」越しに首里城「美福門」が見えるんです。

「瑞泉酒造」の向こうに首里城が見える(首里崎山町「崎山公園」にて)

「瑞泉酒造」の向こうに首里城

うん。いい景色だ。

オーシャンビューホテルから夕日が見たい

さて、そうこうしているうちに時刻は14時30分。どうする?どこか行く?

話し合った結果、早めにホテルに帰って海を眺めよう。となりました。

ときおり分厚い雲は流れてくるけど、もしかしたら海に沈む真っ赤な夕日を眺められるかもしれない。

そうと決まれば善は急げ。大急ぎでサンセットパーティーの段取りを整えて、17時ごろ帰ホテル。

え、17時ごろ?いや、テイクアウトの予約をして、お店のオープンを待って、一方通行にハマって、渋滞に巻き込まれてしてたらそんな時間になりました。

部屋に戻って消毒したり片づけたりしていると、海の上で夕日になりかけの西日がキラキラと。

那覇ビーチサイドホテルの午後

これはこれで綺麗だ

あぁ、このまま綺麗な夕日を見せてくださいお願いします。

そんな願いもむなしく、15分もしないうちにダーと雨雲が押し寄せて…。

夕日が見れなかった午後

なんじゃこりゃあ!!

ハハハ!夕日ってなんだっけ。

那覇の居酒屋テイクアウトとカネヒデクラフトビールで乾杯

さて、気を取り直して乾杯です。

今夜のメニューは超豪華!那覇市安里の中華居酒屋「金燕楼(ザ・ゴールデンスワロー)」でテイクアウトした辣子鶏(ラーズーチー)と、レバニラ黒胡椒炒め。それに「KANEHIDE CRAFT BREWERY(カネヒデクラフトブルワリー)」のクラフトビール。

那覇ホテルでテイクアウトパーティー

辣子鶏(ラーズーチー/右)とレバニラ黒胡椒炒め(左)とカネヒデクラフトビール

ザ・ゴールデンスワローは、旅行前に私がツイッターで“レバニラを好きになりたい”とつぶやいたところ、フォロワーさんが教えてくれたお店です。

唐辛子山盛りのラーズーチーは、辛くてうまい鶏唐っぽい感じの食べ物。辛!辛!辛!うま~い!!というリズムでうまさがやって来て、辛味がしつこくないので次々食べてしまう魔の食べ物です。

レバニラ黒胡椒炒めは、レバー苦手な私が今写真を見ながらまた食べたいと思っている一品。レバーの香りはするけど臭くない、火の通り加減が絶妙でモロモロしない、ヤバイうまいやつ。

あー。今度はテイクアウトじゃなくてお店で出来立てを食べたいよー。

金燕楼 (ザ・ゴールデンスワロー) の詳細【食べログ】

カネヒデクラフトブルワリーは、沖縄に来るたびに買い物しているスーパー「かねひで」がクラフトビールの製造を始めたと知って飲んでみたかったのです。

KANEHIDE CRAFT BREWERY外観

「KANEHIDE CRAFT BREWERY」のBeer barで瓶詰をお買い上げ

この日は黄色いラベルのIPAで乾杯。

とか言ってみたものの、実はつい最近までクラフトビールに興味がない人だったので味を語れないのです。でもたぶん爽やかでフレッシュでおいしかったです。おー!おいしいやん!と言いながら飲みました。

カネヒデクラフトブルワリーの詳細【公式サイト】

いやー。楽しかったなぁ。おいしかったし、とっても非日常。旅行してるわー。

そうそう。この旅で開眼したのは、キッチンがないホテルだと強制的に自炊ができないのでホテルに帰ってから乾杯までがとっても早いということでした。

ゴーヤーくらい切るで?とか、オクラくらいサッと湯がくで?というのが一切できないスマートさ。一泊二泊くらいならそんな日があってもいいなぁと思いました。一切自炊ができないのは困るけど。だって島どうふ食べたいやん。ゆしどうふとか。

そんなこんなで贅沢な2日目は終了。たぶんこの日は23時前には寝てたはず。良い子だ。

3日目はいよいよ今帰仁村に移動します。

つづく→那覇最終日-マニアックなグルメを買い集め今帰仁へ【14日間滞在3日目】

滞在初日の記事→午後発で沖縄へ「那覇ビーチサイドホテル」にチェックイン【14日間滞在初日】

この旅行のダイジェスト&体験記事一覧→2022年5月久々に観光を楽しんだ沖縄14日間(晴れた日に限る)

おすすめの場所グルメ旅行記
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クイナがこけたをフォローする
沖縄旅行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました