読谷村でバスに乗った話

スポンサーリンク

沖縄で一度はバスに乗ってみたいと思っていつつ、渋滞が心配だったり乗り継ぎがわからないからと、なかなかチャレンジできずにいました。

でも先日、読谷村でめっちゃ気軽にバス初体験ができたんです。

思えば遠くへきたもんだ

読谷村のウィークリーマンションに滞在していた時、朝はゆっくりすごしてそれから散歩でもしようかということになりました。

それでウィークリーマンションから徒歩圏内の座喜味グスクまで散歩することに。

読谷村の座喜味グスクまで散歩
散歩がてら座喜味グスクまで

座喜味グスクでしばらく遊んだら、ファーマーズマーケットのゆんた市場でお弁当食べようということになりました。

座喜味グスクからゆんた市場までは少し距離はあるけど、お昼前だし暖かく心地よかったので歩いて行くことに。

関連記事→暑い冬の沖縄を体験できた【12月下旬 沖縄の天気と体感メモ・その2】

読谷村のゆんた市場で腹ごしらえ
読谷村のゆんた市場で腹ごしらえ

ゆんた市場でお弁当と沖縄そばを食べて、野菜を買って、さてそろそろ帰りましょうかと帰り道を調べたら、ウィークリーマンションまでまっすぐ帰ると徒歩40分ほどかかることが判明しました。

来るときは寄り道しながら来たので、あまり遠くまで歩いた実感がなかったんですよね。

お昼を過ぎると気温が上がってきて満腹だし暑い。歩けないことないけど…遠いなぁ。と思っていた時にひらめきました。

そうだ バス、乗ろう。

沖縄バス初体験

読谷村には鳳バスという読谷村内を巡回しているコミュニティバスがあるんです。読谷村内でよく見かけるピンク色の小さいバスです。

鳳バスの乗り場は、ゆんた市場東側の地域振興センター前にありました。

料金は大人1人200円。ルートを調べると滞在中のウィークリーマンション近くを通ることがわかったので早速乗ってみることにしました。

鳳バス乗り場「JAゆんた市場」
鳳バス乗り場「JAゆんた市場」

バス、めっちゃ楽しかったです。

だってバスの車窓からずーっと海が見えるんです。しかも青い海。それにレンタカーとは目の高さが違うから見える景色が全然違う。

バスの車窓から水平線が見える
遠くに水平線が見える

途中のバス停で地元のおばぁたちがワイワイ乗ってきて、ひとしきり話が盛り上がってるんだけど、うちなーぐちだから何をしゃべっているのかは全然わからず。でもどっかんどっかん爆笑してるのを見てるだけで、なんかこっちまで笑けてくるのがまた楽しくて、もう大興奮でした。

沖縄のバスで遠出をしようと思うとちょっと勇気が要るけど地域のコミュニティバスを活用するだけでも全然活動範囲が広がるよな~と思った体験でした。

滞在先が海沿いから離れていても、もしコミュニティバスで行ける範囲だったら、海の側でビールを飲んでバスで帰ってくることができるわけですもんね。今度はそれやってみよう♪

関連記事→名護ぐだぐだ街歩き-屋部から東江まで歩く【最終話】

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください