沖縄の自炊旅行にもおすすめの超簡単レシピ!島豆腐を使った白和え

スポンサーリンク

沖縄に行ったら必ず食べる島豆腐。
我が家は長期滞在の時だけでなく、3・4泊程度の自炊旅の時でも島豆腐は必ずスーパーで買って食べています。

島豆腐は大阪にも持って帰ります♡
島豆腐は大阪にも持って帰ります♡

島豆腐って醤油もネギも何も乗せずに、そのまま食べてもおいしいんですよね。それに、豆腐屋さんによって味も香りもそれぞれ変わるので、毎日食べても飽きないんですよ。

でもこないだ、沖縄のファーマーズマーケットでおいしそうな春菊を見つけた時に、この春菊を島豆腐で白和えにしたらおいしいんじゃないかとひらめいてしまって、実際に作ってみたらホントにおいしかったので紹介します。

島豆腐を使った白和えのレシピ

白和えに必要な食材

  • 島豆腐(パック) 1/3丁
  • 春菊  1/2束
  • 塩(下茹で用)小さじ1程度
  • アンダンスー(油味噌) 大さじ1程度

必要な調理道具

  • ボール
  • 包丁
  • キッチンペーパーなど
  • しゃもじなど

作り方

  1. 島豆腐は1cmぐらいの幅にスライスして皿に置いて30分ほど水切りする。
  2. たっぷりのお湯を沸かした鍋に塩を入れ、よく洗った春菊を茎の方から鍋に入れて1分ほど湯がいたら冷水で冷やす。
  3. 2の春菊の水気をしっかりと絞って3cmぐらいの長さに切る。
  4. 1の島豆腐の水気をキッチンペーパなどで押さえたら、ボールに入れてしゃもじで粗いペースト状になるようにすりつぶす。
  5. 4のボールにアンダンスーを入れてよく混ぜる
  6. 5に3の春菊を入れて和える

なんだか長い説明になったけど、要するに下茹でした春菊を、すり潰した島豆腐と交ぜただけ♪味付けはアンダンスーだけでOK!っていう簡単メニューです。

島豆腐の塩気とアンダンスーの甘みだけで充分に美味しい白和えができます。あとは春菊の苦みと香りで味に奥行きがでますよ~( *´艸`)春菊以外にも小松菜やからし菜で作ってもおいしそうですね。

ちなみにアンダンスーの分量大さじ1程度は、だいたいティースプーンでざっとすくって3杯ぐらいの感覚です。しゃもじとかはカレースプーンでも代用できるし、キッチンペーパーがなければ清潔なタオルでもOKですよね。なので包丁・まな板と鍋、それから何かしらの食器類があれば、簡易キッチンのホテルでも作れるメニューだと思います。

沖縄島豆腐の白和えとその他自炊メシ
沖縄島豆腐の白和えとその他自炊メシ

アンダンスーで広がる自炊メニュー

島豆腐の白和えは、島豆腐やアンダンスーの種類によって味加減が変わってくると思うので、作るときは味見しながら調節してくださいね。

最近の我が家のお気に入りアンダンスーはファーマーズマーケット糸満のうまんちゅ市場で買える『天ぷらの店 具志堅』さんのやつ。味噌が濃すぎず甘辛バランスが絶妙でゴーヤースティックにもよく合います。

『天ぷらの店 具志堅』さんのアンダンスー
『天ぷらの店 具志堅』さんのアンダンスー(使いかけでスミマセン)

お気に入りのアンダンスーが見つかると、自炊メニューがより簡単でレパートリーが広がりますね~。
あぁ島豆腐が食べたくなってきた(>_<)

応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください