糸満のバス停『クール』バス停をわざわざ見に行った

スポンサーリンク

糸満市真栄里にある『クール』バス停を見に行きました。
ひょんなことからクールバス停を見に行こうと思ったのですが、 クールバス停を見付けて以来、沖縄のバス停の名前には貴重なヒントが隠されているように思えてきました。

きっかけは歴史本

琉球の歴史本を読んでいたらこんな一文がありました。

先中城は糸満字真栄里の「糸満市中央図書館」がある丘の上にあるが、当時は城のすぐ西側まで兼久(カニク・海岸)が迫っていて、小大渡(クーウドゥ)村に港があった。
【『琉球王国の真実 琉球三山戦国時代の謎を解く』(著者:伊敷賢)より引用しました。】

この一文を読んだ時、昔海岸で港があったところだなんて、なんだかブラタモリ的だなぁ。と思ったので小大度村がどこにあったのかを知りたくなりました。ちなみに港だったという昔とは、ちょうど護佐丸が中グスクに引っ越したときの話で1440年~1450年頃のことです。

小大渡村があった場所を見つけるヒントを探すために、沖縄県地図を調べてみました。そしたら目に飛び込んできたのが『クール』という名のバス停。

地図帳で見つけた『クール』バス停
地図帳に『クール』というバス停が

クール?クール…、クードゥ…、クーウドゥ。…小大渡!

小大度村はこのバス停辺りにあったに違いないと思いながら歴史本を読み進めていくと、こんな一文に出会いました。

…建築資材は真栄里クールー村から陸揚げされたという。クールーの村名は「小大度(クーウドゥ)」が変化した発音であると考えられる。
【『琉球王国の真実 琉球三山戦国時代の謎を解く』(著者:伊敷賢)より引用しました。】

 

実際にバス停へ行ってみると

小大渡村、あったや~ん♪と思ったら嬉しくなって、沖縄滞在中に行ってみることにしました。

糸満の『クール』バス停
糸満市真栄里の『クール』バス停

クールバス停は昔ながらの静かな住宅街にありました。バス停から西海岸の方を見てみましたが、現在では港の気配もありません。

クールバス停から海の方を見てみる
クールバス停から海の方を見てみる

バス停の場所がピンポイントで港だったのではないんでしょうけど、この辺に大きな資材を陸揚げできるような港があって、大型船も乗り込んでたんだと思うと不思議な感じがします。

この時は時間がなくてバス停の写真だけ撮って帰りましたけど、今度は集落をゆっくり散策してみたいなぁ。

地名から想像する琉球の歴史

クールバス停の名前の由来は他にもあるそうで、DEEokinawaさんの記事には”ハブにかまれた人がいたから”っていうような由来が書いてありました。なので本当のところはわかりませんね。
(→DEEokinawaさんの記事『気になるバスの停留所 vol.1』

沖縄の歴史本を読んでいると地図で地名を探す機会が増えるのですが、私が思うに、沖縄のバス停の名前は、昔の集落の名前を使っている場所が多いんじゃないかと思います。

それに沖縄の地名で、”兼久”という地区は昔海岸だったところ、”泊”という地区は昔港だったところなんじゃないかと自己流で解釈しているんですけどどうでしょう。あと、竜宮神を祀ってある場所は港だったとかね。

そういう目線で沖縄の地名をみると、偶然通りがかった”泊”っていう地区が、海岸からずーっと内陸の方だったりして、歴史ロマンを感じるわけです。
 おもしろいね~沖縄って( *´艸`)

応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

2 thoughts on “糸満のバス停『クール』バス停をわざわざ見に行った

  • 2017年7月11日 at 12:23 AM
    Permalink

    はじめまして。DEEokinawa編集部、やんばるたろうと申します。クールの由来…!「沖縄のバス停の名前は、昔の集落の名前を使っている場所が多いんじゃないかと思います」と書かれている通り、恐らく言及されている通り小大度(クーウドゥ)が正解なのではないかと思われます。
    ハブに噛まれる(クーされる)という由来名ですが、2003年12月のオリオンビールのびあぶれいくにはクールの由来についてそのように説明がなされており、そのあたりから広まったものと推測されます。ひとつ勉強になりました。ありがとうございます!

    Reply
    • 2017年7月11日 at 10:55 AM
      Permalink

      やんばるたろうさん

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      こちらこそ、噛まれる=クーされるっていう方言などなど勉強になっています。
      びあぶれいくにそういう由来が書かれていたんですね。もしかしたらクーされるという説も、地元で伝わってる一説なのかもしれませんね。

      Reply

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください