関空発那覇行きのジェットスターを10回以上利用して気づいたこと

大阪在住の私たちが沖縄旅行をするときに一番多く利用した航空会社はジェットスターでした。かれこれ10回以上利用しています。

今のところ最後に利用したのは2019年の6月。

低価格なのに定刻出発というのが好きで立て続けにジェットスターを利用していたのですが、実は2019年6月に2時間半の遅延を経験して以来、しばらく様子を見ているところです。

でも、遅延は運に任せてもとにかく低価格で沖縄に行きたい。という方にはジェットスターはおすすめです。

タイミングよくセールが始まれば、関空発那覇行きの運賃が片道数百円になることも。それに諸々の手数料込みでお得なパッケージツアーが種類豊富で選びやすいんです。

スポンサーリンク

セールで関空発那覇行き運賃が破格に

関西圏から沖縄行きの便があるLCCは、今のところ関空発着のジェットスターとピーチのみです。(2021年3月時点)

関空発那覇行きジェットスターの機内から

那覇へ向かうジェットスターの機内から

ジェットスターもピーチも料金システムはほぼ同じで、基本料金は運賃と空港施設使用料。その他座席を指定したり手荷物を預けたりなどする場合は別途手数料がかかります。

関連記事→関空からピーチで那覇空港へ ざっくりとした感想は

しかしジェットスターの何がすごいって、気まぐれ(?)に発表されるセール運賃が破格すぎること。関空発那覇行きの片道運賃が数百円で販売されることもあります。(空港施設使用料は別ですが…。)

だから沖縄旅行の日程とセール対象日がうまく重なれば、破格で予約できるかも。という夢があるのがジェットスター。

セール お得な運賃で予約♪【ジェットスター】

ちなみにセール情報は公式SNSで直前に発表されることが多いです。

Jetstar Japan【Facebook】

@Jetstar_Japan【Twitter】

沖縄旅行を身近にしてくれたパケージツアー

もし、セールを見逃した!とか、来月沖縄行きたい。という場合は、ぜひパッケージツアーを検索してみてください。

私たちは過去によくジェットスターのパッケージツアーを利用しましたが、他のLCCと比べて商品数が多くホテルを選べるのでとても重宝しました。

それになんといってもお得。

空港施設使用料+座席指定料+受託手荷物一人あたり20kg込み、那覇のホテル2泊3日で31,200円(2名1室)だったこともありました。

めっちゃお得だったジェットスターのパッケージツアー

めっちゃお得だったツアーのスクリーンショット

ジェットスターで行く国内ツアー旅行特集【阪急交通社】

ジェットスターを選べる沖縄ツアー【ニーズツアー】

いやー。ジェットスターさまさま。ジェットスターは沖縄旅行をより身近にしてくれました。

ただ一度だけの遅延体験がネックに

ところが記事の冒頭にも書いた通り、長年ジェットスターのおかげで気軽に何度も沖縄に行けていたのに、一度だけ関空発の便が2時間半遅延したことがありました。

とても大事な用事(私たちにとっては)があった日だったのでその遅延は衝撃的で、それ以来様子見ということでジェットスターは利用していません。

関連記事→移転前の牧志公設市場 最終日のセレモニーを見に行った

ただ、あれから数年が経過しているので今はどうなっているのかは気になるところ。公式サイトを見ると、ここしばらくは定刻運航率90%以上が続いているようですね。

定刻運航率【公式サイト】

なにせあの遅延を経験するまでは、定刻運航率業界No.1(?!)とかで、CAさんたちの鮮やかなくらいにテキパキと誘導する姿がとても楽しみだったんですけどね。

もしかしたらあの時たまたま運が悪かったのか…。また余裕があるときに乗ってみようかなぁ。とは思っています。

ジェットスター利用時は空港到着時間に注意

さて、那覇空港行きのジェットスターが無事予約できたとして、搭乗当日の注意点をいくつか書いておきます。

まず、関空発着のジェットスターは第1ターミナルを使用します。

関空発着のジェットスターは第1ターミナル使用

関空発着のジェットスターは第1ターミナル使用

なのですが、一部の便で搭乗口から駐機場内をバスで移動して機内へ乗り込む場合があります。

バス移動時のジェットスター搭乗口(関空)

バス移動時の搭乗口(関空)

バス移動の便は、搭乗口前の集合時間がいつもより早く設定されているので、空港到着時間には注意が必要です。

そして、那覇空港発着も一部の便でバス移動をする時があります。

バス移動かどうかはチェックインするまでわからないので、ジェットスターを利用するときはいつもより早めに空港へ向かうことをおすすめします。

機内の過ごし方は考えておくべし

それから、これはジェットスターに限らずですが、LCCの場合機内サービスは全て有料です。

食事も飲み物もブランケットも別途お買い上げで、支払いにはクレジットカードが必要です。なのでひざ掛けを持っていくなど、あらかじめ機内で心地よく過ごす計画を考えておくのが吉です。もちろん機内メニューを楽しむのも大ありですよ。

Jetstar Caféメニュー【公式サイト】

食事や飲み物の持ち込みはできますが、アルコール類は機内で買ったものだけしか開封できないので気を付けてください。

飲食物のお持ち込みについて【公式サイト】

ジェットスターで非常口列座席を勧められる件

そして最後に非常口列座席について。これは関空⇔那覇に限らずの話ですが…。

ジェットスターのチェックイン窓口で手続きをしていると、まれに非常口列座席を勧められることがあります。

以前一人で利用したときに、何も知らずにOKしたことがありました。お値段そのままでグレードアップ♪みたいなお話だったものでつい…。

ところが後になって、非常口列座席は離着陸時にすべての持ち物を荷物棚に収納せねばならず、離着陸時はひざ掛けの使用も禁止だとわかってビックリ。その日は窓際の席で、ベルトサインが消えたとて隣のお客さんをまたいで荷物を取る勇気がなく…大変でした。

そういうのめっちゃしんどなるねん。という方は非常口列座席を勧められてもスルーした方がいいかもしれません。

ただ、この話には後日談があって、今となっては夫婦旅なら全然非常口列座席に座っています。

しかしそろそろ話が長くなったので、後日談はまた別記事に書きますね。

別記事→ジェットスターの非常口列座席に座った時の話

そんな感じでしょうか。もし、多少の遅延は旅のスパイス。的に楽しめるならばジェットスターで気軽な沖縄旅行を楽しんでくださいね~。

セール お得な運賃で予約♪【ジェットスター】

ジェットスターで行く国内ツアー旅行特集【阪急交通社】

ジェットスターを選べる沖縄ツアー【ニーズツアー】

飛行機
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クイナがこけたをフォローする
沖縄旅行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました