勝連グスク(勝連城跡)の夜明け-思い出写真少しだけ

2015年5月。沖縄本島中部のうるま市にある勝連グスク(勝連城跡)へ朝日を見に行きました。

沖縄で朝日を見に行ったのはこれが最初。最初にここを選んだのは大正解で、なんとまぁ素晴らしい時間をすごせましたよ。

ということで今日は、勝連グスクの夜明け写真を集めました。少しだけですがお楽しみください。

でも一応念のため、今は行かないでね。ステイホームのお供にどうぞ。

スポンサーリンク

夜明け前の鳥の声

勝連グスクに到着したのは5時20分ごろ。

夜明け前の勝連グスク(うるま市勝連/2015年5月撮影)

まだ暗い時間の勝連グスク

当時のスマホではぼんやりとしか写らないほど、まだ薄暗い時間です。

一の曲輪まで登ったところで日の出時刻まであと20分。けっこう待つやん。と思いきや、空明るくなるにつれ大きくなっていく鳥の声がなんとも幻想的で…。あれですね。心が洗われる時間でしたよ。

あんまり感動したので一応動画を撮ったんですが、後で見返したら、音ちっちゃ!という仕上がりでした。風の音ブッフォ!って入ってるし。

…。でも一応載せておきますね。

5月の朝日は宮城島の向こうに昇る

そうこうしているうちに太陽が顔を出しましたよ。

勝連グスク(勝連城跡)から見た朝日(2015年5月撮影)

おはよう

この時期朝日が昇る方向は、海中道路を渡った先の平安座島と宮城島の向こう。

朝焼けがきれいだった

朝焼けがきれいだった

太陽の光はあっという間に強くなって、だんだん直視できなくなってきます。

それにしてもなんて美しいんだ。

勝連グスク内に朝日が差し込む(うるま市勝連/2015年5月撮影)

グスク内に朝日が差し込む

朝日に照らされる勝連グスク

朝日に照らされた勝連グスクは、それはそれは綺麗で、朝靄の湿気と妙にひんやりした空気の清々しいこと。

朝日に照らされる勝連グスク(うるま市勝連/2015年5月撮影)

朝日に照らされる勝連グスク

大昔、このグスクの主もこんな風に朝日に照らされるグスクを見ていたのかなぁ。と。

電気なんかない時代はきっと、空が白む頃に起きだして太陽が昇る頃には活動を始めていたんだろうなぁ。なんて考えていました。

一の曲輪に続く石段(勝連グスク/2015年5月撮影)

一の曲輪に続く石段

さあ、もうすっかり朝。

やっぱりかっこいいねぇ。勝連グスク。

かっこいい勝連グスク(うるま市勝連/2015年5月撮影)

いかついぜ

太陽の光は朝日から日差しに変わり、もう普通に暑い。ということでそそくさと退散。ちなみにこの日は一日中めっちゃいい天気でした。

いい朝を迎えることができました。

おわり

旅行記
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クイナがこけたをフォローする
沖縄旅行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました