お魚センターの3パック1000円システムで時間を節約おなかも満足

スポンサーリンク

那覇空港到着の日。待ちに待った沖縄長期滞在の初日です。

ただ、初日は何かと忙しいので、昼食をどうしようか悩んでいました。

なるべく時間を節約したいから食堂でゆっくり食べるのはまた後日と思うし、かといって車で移動しながらつまみ食いするのもなんだかなぁという感じ。

そんなとき、買い出しにやってきた糸満の「うまんちゅ市場」隣の「お魚センター」でマグロを物色していたら、すてきなシステムに出会いました。

組み合わせ自由!よりどり3パック1000円!

うまんちゅ市場の詳細【JAおきなわ】

お魚センターの詳細【食べログ】

3パック1000円システムがあるのは、お魚センターの奥にある店舗「沖興水産」です。

実はこのシステムがあることは前から知っていたのですが、2人で刺し身3パックは多いなぁと、いつもスルーしていました。

でもよくよく見てみると、刺し身の他にも寿司、海ぶどう、フライなどなど、豊富なバリエーションの中から自由に組み合わせることができたんです。

糸満「お魚センター」の沖興水産
刺し身以外からもよりどり選べる

それにお魚センターには食べ歩きができるテーブルベンチが置かれています。

刺し身、軽食、食べる場所という全てのパーツが揃ったので、晩酌用のマグロ1パックと昼食用の軽食を2パック買って、ここで食べていくことに決めました。

ここで買い物と昼食を済ませることができれば、かなりの時間を節約できます。なんと値打ちのある1000円。

糸満「お魚センター」のテーブルベンチから
テーブルベンチで座って食べられる

昼食用に選んだのは寿司&天ぷら。外国人が喜びそうなメニュー。

糸満「お魚センター」沖興水産の寿司
お寿司のマグロもウマウマ

寿司はマグロ六貫とエビ、玉子。シャリが大きくてボリュームがあります。沖縄の酢飯は酢が強めでさっぱりとしていて、いくらでも食べられそうです。

もちろんマグロは最高。新鮮で甘くて味が濃くて最後はさらっと消えていく感じ。大きなシャリにも負けません。

天ぷらがこれまた意外においしくてビックリでした。

魚の天ぷらだそうですが、赤身の魚だったと思います。魚と知らずに食べたら鶏のささ身だと思うほど身が詰まっていて、油にまみれていないシーチキン?…あ。そうか。マグロの天ぷらだったのかもしれない。

うちなー天ぷらにしては衣が薄くて軽くてほどよい塩気でおいしかったです。また食べたい。

時間を節約しながらもおいしい昼食に大満足だったので、初日の予定もスムーズに片付いて晩はおいしいサボり飯を堪能しましたよ。

沖縄長期滞在初日のサボり飯
長期滞在初日のサボり飯

写真を見たら晩ご飯にも天ぷらを食べてますね~。晩ご飯で食べた天ぷらは読谷村のファーマーズマーケット「ゆんた市場」のお惣菜です。ウスターソースも付いててビールに合う合う♪

ゆんた市場の詳細【読谷村観光協会】

3パック1000円システムは少人数でも活用の仕方次第で、めちゃめちゃ便利で大満足できました。

うまんちゅ市場の詳細【JAおきなわ】

お魚センターの詳細【食べログ】

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください