沖縄で婚姻届けを出してきました

スポンサーリンク

2015年12月22日のトゥンジー(冬至)、わかてぃだ(新しい太陽)が生まれる日に南城市役所の窓口へ婚姻届を提出しに行きました。

二人ともまだ大阪在住ですが、入籍の書類は旅先の沖縄で提出することにしたんです。

沖縄旅行先で入籍した時の体験記と注意点を少し。

婚姻届提出前に久高島へごあいさつ

前日に沖縄入りをして22日の早朝に知念岬公園へ。わかてぃだの誕生を見に行きました。

冬至の日の出、久高島の南側に昇る朝日(沖縄県南城市・知念岬公園)
冬至の日の出、久高島の南側に昇る朝日(南城市・知念岬公園)

その後午前9時安座真港発の便で久高島へ。

各拝所をまわって、これから入籍しますという報告と感謝の気持ち、そしてまた来ます。とご挨拶しました。

私たちは沖縄に滞在する時はいつもご挨拶のつもりで久高島へ行っていたので、婚姻届を出す前には絶対久高島に行きたいと思っていました。

フボー御嶽で見上げた空(沖縄県南城市・久高島)
フボー御嶽で見上げた空(南城市・久高島)

この日はほんとに挨拶だけにして午前11時の便で安座真港へ戻ることにしました。

高速船のチケットを買う時、ちょっとだけ会話を交わした島のおじさんが「またきてね~」と言ってくれたのが嬉しかったなぁ。

いよいよ婚姻届提出へ

安座真港からまっすぐ南城市役所へ。

ちょうどお昼休みになってしまって電気がパチパチ消えていく中、窓口で書類チェックと受付をしてもらいました。

南城市役所で婚姻届けを提出(沖縄県南城市)
南城市役所で婚姻届けを提出

30分以上かな、じっくり書類に不備がないかをチェックしてくれて
「これで大丈夫ですよ。おめでとうございます。」
と言ってくれました。

それから、南城市オリジナルの結婚記念証をもらいましたよ。

証明書のデザインは数種類の中から選べます。(→南城市のサイトに画像ありました。)私たちは久高島の写真が載っているデザインを選びました。

さらに、なんじぃ(のでっかいぬいぐるみ)と記念写真を撮ってもらえて、めっちゃテンションが上がりました。

なんじぃのプロフィール【らしいね南城市】

そして最後の最後、丁寧に書類をチェックしてくれた窓口のおばさまが、結婚記念証の久高島の写真を指して、
「ここは私の生まれ故郷なんですよ。ご縁がありますね。」
と言ってニコッと笑ってくれました。

反射的に『あ。神さまだ。』と思いました。

でもよく考えたら南城市役所ですもんね。久高島出身の方もたくさんいるはずですよね。

沖縄で婚姻届けを出してみて

婚姻届の提出はめっちゃ事務的と聞いたことがあったので、何回も「おめでとうございます。お幸せにね。」と言ってもらえて嬉しかったし驚きました。

二人とも緊張していて余裕がなくて、完全に丸腰状態だったので、いつもより何倍も沖縄の人の温かさを感じたし助けられました。やっぱり沖縄大好きだー!!

旅先で婚姻届を提出するときの注意点

二人とも大阪在住なのですが、婚姻届は滞在先の沖縄でも提出できるんです。

ただ、滞在先で提出する場合は必要書類が違うようなので、参考までに書いておきますね。(でも、実際に提出する時は必ず役所に確認をしてからにしてくださいね。)

旅行先で婚姻届を提出するのに必要なもの

・戸籍謄本(戸籍全部届け)
・印鑑
・身分証明書
・証人欄に署名&押印されている婚姻届

特に気をつけるのが抄本ではなく『謄本』だというところ、それから本人たちの身分証が必要だというところが地元で提出するときと違う点だと思います。

新しい本籍地について

本籍地について今回調べてみたのですが、二人の新しい本籍地を登録する場合、日本国内で住所がある場所であればどこでも登録していいみたいです。ただし地番までわかっていないとダメみたいですよ(〇番地△号みたいな)。皇居とか大阪城とかに登録している人もいるらしいってWikipediaで読みました。

ちなみに私たちも沖縄県内のとある場所に登録しましたよ。(本籍地に関しても、必ず事前に役所などに確認してくださいね。)

婚姻届を沖縄で提出することにして本当によかったです。ほんとにいい入籍ができました。思い出しながらこの記事を書いていても心がほっこりします。

ありがとう沖縄♡

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください