2019年 今年の欲望

スポンサーリンク

新年あけましておめでとうございます。

昨年は年の瀬も押し迫る頃に沖縄にいて、暑い暑いと言いながらすごしていたので、年末感が全然ないまま、若干時差ボケで年越しを迎えました。

今ごろになって、えー?!もー正月終わったのー?!という気分です。

2018年を軽く振り返る

さて、わたくし個人の2018年を軽く振り返ってみたところ、漢字一文字で表すならば『決』の年でした。

些細なことですが、長い間曖昧な状態にしていたことに決心がついたり、ぼんやりしていた考えが決まったり、好きなもの、嫌いなもの、要るもの、要らないものにメリハリがついてきたように思います。

具体例を挙げるとすれば、「沖縄で一番最初に住む町は那覇だな。」と心が決まったことでしょうか。

その他はとても小さな『決』でして、「なんやかんや言うても、油汚れにはマジックリンが一番効く。」みたいな、自分の中で決着がついたことがたくさんありました。

2019年初めの思いつき

2019年にというか、2019年の初めに思いついた、沖縄でやりたいことを月別にリストアップしてみます。日付けは全て新暦で書いていきます。

2月19日か20日
東海岸の水平線から昇る大きな満月を見たい。
3月4日
「さんしんの日」に演奏が始まる瞬間をのぞき見したい。
4月13日
「第2回島酒フェスタ」に行きたい。
4月21日
「モズクの日」の採れたてモズクを食べたい。
5月18日
アブシバレーの行事を見学したい。
5月26日
牧志ウガン角力(すもう)を見てみたい。
5月31日
山巓毛(さんてぃんもー)でハーレーの鐘が鳴るのを見たい。
6月6日
奥武島か港川のハーリー、もしくは糸満ハーレーを見に行きたい。
6月22日
玉城(たまぐすく)の城門に差し込む朝日を見たい。
7月
「梅雨明けしたよー!!」と叫びたい。
8月中旬
旧盆のオードブルを食べたい。
8月18日
塩屋湾(大宜味)のウンガミを見学しようかどうか悩みたい。
8月下旬
沖縄歴史検定を受験するかどうか悩みたい。
9月13日ごろ
首里城「中秋の宴」の写真を撮りに行きたい。
10月11日
徳武佐宮(読谷)の開扉を見学したい。
10月12日
那覇大綱挽まつりを遠目に見たい。
11月1日
「泡盛の日」だから試飲とかできればいいな。
12月22日
冬至のホロホロジューシーをフーチバー抜きでいただきたい。
12月31日
沖縄で年越しの準備をしたい。

ダメだ…。次から次へとやりたいことが出てくる。これ以上書き続けていると、沖縄に住んでいない意味が解らない感じになってきそうなので、この辺でやめておきます。

あ、でも、沖縄の離島にも行ってみたいのと、沖縄関係ないブログも立ち上げたいなぁ…。

よんなーよんなーね。焦らず、楽しく、気が向いたことをやる1年にしようかと思います。

みなさまにとっても良い1年でありますように。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください