三線のちんだみ(調弦)をドレミに変換

スポンサーリンク

三線のちんだみ(調弦)をドレミに変換した表を作ってみました。

ちんだみについて、三線を弾いている人に何度か聞いたことがあったのですが、三線でいう『ド・ファ・ド』の意味が今までなかなか理解できませんでした。

ネットで調べてもわからないので近所の三線屋さんに聞きに行くと、ちんだみの仕組みと、なぜ今まで理解できなかったのか、その理由がわかったのですっきりしました。

近所の三線屋さんで勉強したことを思い出しながらここにメモしておきます。

ちんだみ(調弦)をめぐる『ド・ファ・ド』問題

三線のちんだみについて、三線を弾いている人に話を聞くと、

「本調子は『ド・ファ・ド』だ。」

と教えてくれます。なので実際にピアノで音をとりながら『ド・ファ・ド』で調弦すると、

「こんな高いキーで弾いてるのぉ~?」

と驚かれてしまうのです。

え?なんで?『ド・ファ・ド』しゃないの??私としてはまったく意味が解りません。

だって私の中で「ド・ファ・ド」といえば、ピアノの鍵盤で、

三線のちんだみ(調弦)をドレミに変換-ピアノでいう『ド・ファ・ド』
ピアノで『ド・ファ・ド』の鍵盤の位置

の場所を押さえると出る音しか有り得ないんですもん。

ところがこの『ド・ファ・ド』問題、私にピアノの経験があったことが、大きな落とし穴となっていました。

ちんだみについて三線屋さんに聞いてみた

ちんだみ(調弦)をめぐる『ド・ファ・ド』問題は、ネットでいくら調べても理解できなかったので、近所の三線屋さん聞きに行きました。

まず、三線屋さんで教わったお話を箇条書きにしてみます。

  • 三線は歌ありきの楽器で、歌い手の声の高さ(キーの高さ)に合わせてちんだみ(調弦)をする。
  • キーの高さは「1本」から「12本」という呼び方をして、数字が大きくなるほど高い音階になる。
  • 「本調子」、「二上り」、「三下り」というのは、全ての弦を開放して、太い弦→真ん中の弦→細い弦の順に弾いた時の、音の間隔が変わる。

というお話でした。

ちなみに三線の弦の名称は、

  • 太い弦=男弦(ウーヂル)
  • 真ん中の弦=中弦(ナカヂル)
  • 細い弦=女弦(ミーヂル)

です。

と文章で書いても分かりづらいので、三線屋さんでいただいた資料を基にピアノのドレミと照らし合わせた三線ちんだみ表を作ってみました。ただし、間違っていたらごめんなさい。

三線ちんだみのドレミ表

三線ちんだみのドレミ表(スマホの場合は横にスクロールして見ることができます。)

調子 本調子 二上り 三下り
高さ 男絃 中絃 女絃 男絃 中絃 女絃 男絃 中絃 女絃
1本
A

D
ラ∗
A

A

E
ラ∗
A

A

D

G
2本 シ♭
A♯
ミ♭
D♯
シ♭∗
A♯
シ♭
A♯
ファ
F
シ♭∗
A♯
ラ♯
A♯
レ♯
D♯
ソ♯
G♯
3本
B

E
シ∗
B

B
ファ♯
F♯
シ∗
B

B

E

A
4本
C
ファ
F
ド∗
C

C

G
ド∗
C

C
ファ
F
シ♭
A♯
5本 ド♯
C♯
ファ♯
F♯
ド♯∗
C♯
ド♯
C♯
ソ♯
G♯
ド♯∗
C♯
ド♯
C♯
ファ♯
F♯

B
6本
D

G
レ∗
D

D

A
レ∗
D

D

G

C
7本 ミ♭
D♯
ラ♭
G♯
ミ♭∗
D♯
ミ♭
D♯
シ♭
A♯
ミ♭∗
D♯
レ♯
D♯
ソ♯
G♯
ド♯
C♯
8本
E

A
ミ∗
E

E

B
ミ∗
E

E

A

D
9本 ファ
F
シ♭
A♯
ファ∗
F
ファ
F

C
ファ∗
F
ファ
F
シ♭
A♯
ミ♭
D♯
10本 ファ♯
F♯

B
ファ♯∗
F♯
ファ♯
F♯
ド♯
C♯
ファ♯∗
F♯
ファ♯
F♯

B

E
11本
G

C
ソ∗
G

G

D
ソ∗
G

G

C
ファ
F
12本 ラ♭
G♯
レ♭
C♯
ラ♭∗
G♯
ラ♭
G♯
ミ♭
D♯
ラ♭∗
G♯
ソ♯
G♯
ド♯
C♯
ファ♯
F♯

表中の ∗ 印は男弦から1オクターブ高い音の意味です。

ということはつまり、ピアノの『ド・ファ・ド』と同じ音を三線で出す場合は、キーの高さ「4本」の本調子にちんだみすると、全ての弦を開放した状態で、その音が出せるということですね。

三線と西洋音楽では音のとらえ方が別物だった

三線のちんだみについてなかなか理解できなかったのは、私自身の音楽のスタートがピアノのお稽古だったからでした。要するに私が今まで知っていた音楽・ドレミは、西洋の音なんです。

でも三線にはそもそもドレミという音はないわけです。

なのでおそらく、三線を弾いている人のいう『ド・ファ・ド』というのは、音の間隔を表現する言葉だったんだと思います。

表現として使っている言葉に対して、リアルなピアノの音をイメージをしていたので話がかみ合わず、混乱してしまったんだと思います。

当たり前っちゃ当たり前なんですけど、三線と西洋音楽とでは音のとらえ方が全く別物なんだなぁ。と初めて意識した出来事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

スポンサーリンク
   

関連記事

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは承認制です。送信していただいてから公開されるまで少々お時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください